F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-パナソニック・トヨタ・レーシング

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-パナソニック・トヨタ・レーシング

090509_toyota.gif

◆トゥルーリ、グロックは、予選Q1をハードタイヤでスタートし、Q2はソフトタイヤでスタート。両者、Q3は使用済みのソフトタイヤを履いてスタートし、グロックが6番手、トゥルーリが7番手のポジションをを獲得。

ヤルノ・トゥルーリ
フリー走行3=6位/予選=7位
「今日は、興味深くてタフな予選だったね。特に少なめの燃料でのぞんだQ1とQ2は少してこずったんだ。だけど、最後のQ3ではうまくいったよ。Q3では、たくさん燃料を積んだから、グリップも上がり、クルマの反応も良くなったから、攻めの走りができたんだ。最後には、素晴らしいラップを刻むことができたから、パフォーマンスには満足しているよ。積んだ燃料の量を考えると、7番手スタートはとても良い成績。今日は戦略がうまくいったし、良い結果だよ。決勝の成績も期待できると思うよ」。

ティモ・グロック
フリー走行3=8位/予選=6位
「フリー走行は完璧とまではいかなかったけれど、6番手以内で決勝グリッドにつけたのは、かなり満足だね。フリー走行では、クルマの安定性不足に少し苦しんだけれど、改善を尽くし、予選を6番手で終えることができたから、喜ぶべきだね。もちろん、なるべく先頭に行きたかったけど、他のチームもアップデートで速くなってるから、力の差が縮まっているんだ。今シーズンは全てのレースでポイントを取っているし、3列目からのスタートは、記録を更新するチャンスだ。表彰台に上がるのは簡単でないけど、もちろん、精一杯頑張るよ。明日の決勝を楽しみだ」。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン310ポイント
2位シャルル・ルクレール201ポイント
3位セルジオ・ペレス201ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング511ポイント
2位フェラーリ376ポイント
3位メルセデス346ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER