F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース -ブリヂストン

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース -ブリヂストン

090606BS.jpg

◆イスタンブール・パークで開催されたトルコGP予選は、ブリヂストンのソフト・タイヤを装着したレッドブル・レーシングのセバスチャン・フェッテルが今シーズン2度目のポールポジションを獲得した。

1分28秒316を記録したフェッテルと0.1秒差の2位は、同じくソフトのブリヂストン・タイヤを装着したブラウンGPフォーミュラ1チームのジェンソン・バトン。3位はハード・コンパウンドを使ったルーベンス・バリチェロ(ブラウンGPフォーミュラ1チーム)。

スクーデリア・フェラーリ・マールボロのフィリペ・マッサがハード・タイヤで午前中のプラクティス・セッションの最速タイムである1分27秒983を記録した。今日の予選は接戦で、Q1では1秒内に上位16台、Q2では0.5秒内に上位10台が入った。
 
浜島裕英 (株)ブリヂストン MS・MCタイヤ開発本部長
今日の走行のポイントを教えて下さい。
「今日は接戦のエキサイティングな予選セッションでした。コンパウンドの選択と正しいセットアップを決めるのが最も大変な仕事だったと思います。コースコンディションは昨日よりも向上していましたが、昨日よりも気温は高く、風は弱かった為、昨日からいくつかの条件が変わっており、選手にとっては難しい挑戦となりました。ソフトのブリヂストン・タイヤはハード・コンパウンドよりも速いタイムを記録しましたが、差はほんのわずかでした。ソフト・タイヤがまだハードよりもグレイニングが多いようですが、今日はこの対処が結果を左右する要因となりました」。

明日のレースではどのような戦略が考えられますか?
「多くの選手にとってはソフトのブリヂストン・タイヤのマネージメントが最も重要なポイントとなります。ハード・コンパウンドは安定したパフォーマンスを発揮しており、今年に入って多くのレースで見られたようなハードとソフトの大きなタイム差はありません。データを見ると、今のところタイヤに厳しいターン8でも目立った問題はありませんが、明日のレースでは重い燃料を積んでの長いレーススティントになりますので、注意して見守りたいと思います」。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン258ポイント
2位シャルル・ルクレール178ポイント
3位セルジオ・ペレス173ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング431ポイント
2位フェラーリ334ポイント
3位メルセデス304ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER