F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース – BMWザウバー・F1・チーム【ブラジルGP(日)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース – BMWザウバー・F1・チーム【ブラジルGP(日)】

091019 bmw.jpg

◆ロバート・クビツァ
決勝=2位
「今日の結果は昨日の予選でほぼ決まっていたようなものだ。昨日の雨の予選でダウンフォースの少ないセットアップで走るという賭けに出た。この賭けはQ1ではうまくいったけど、Q3では難しかった。昨日の8番手ポジションが不満の人もいたようだけど、僕としては嬉しいものだった。今日は速いペースを維持することができて、序盤はルーベンス・バリチェロとマーク・ウェバーに無理なくついていくことができたんだ。だけど15周を過ぎたあたりで水温が上昇してしまい、エンジンの回転数をセーブしなければならず、さらに前を行くマシンのスリップ・ストリームもよけなければならなかった。最初のピットストップの後には4台ものマシンの後ろに捕まってしまい、その間にマークにギャップを広げられてしまった。難しいシーズンのなかで素晴らしい結果だと思うし、このチームがまた来年もグリッドに並べることを心から願う」。

◆ニック・ハイドフェルド
決勝=リタイア
「スタートはうまくいかなかったんだけど、前方で激しいファイトが繰り広げられているのが見えたからトラブルに巻き込まれないように、と思っていた。そしたらすぐにアクシデントが2コーナーと5コーナーの出口で起きていた。この時2台ほど抜くことができたんだけど、そのうちの1台だったロメイン・グロジャンはフェアじゃなかった。一瞬フロントのウィングを失ったかと思ったよ。その後はセバスチャン・フェッテルとの差を詰めることができたけど、抜くまでには至らなかった。その後、最初のピットストップの予定だったんだけど、燃料をセーブしろという無線が入り、すぐにもっとセーブしろという指示があった。でもそのときにはもう遅く、8コーナーでガス欠となってしまった。チームにとってはクビサの2位というグッドニュースがあったのが救いだね」。

(翻訳:Noah Sellen / 編集:Moto)
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン233ポイント
2位シャルル・ルクレール170ポイント
3位セルジオ・ペレス163ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング396ポイント
2位フェラーリ314ポイント
3位メルセデス270ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER