F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース – フォース・インディア・F1・チーム 【日本GP(日)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース – フォース・インディア・F1・チーム 【日本GP(日)】

091004 fi.jpg

◆エイドリアン・スーティル
決勝=13位
「非常に残念なレースだった。スタートはよかったんだけど、9位に後退してしまってそのあとはコバライネンの後ろに詰まってしまった。シケインで抜いたんだけど、次のコーナーで接触しスピンしてしまい、そこで大きくタイムをロスしてしまった。ここで今日の僕のレースは終わったようなもんだったね。こういうことがおきるともちろん非常に残念だし、今日は特にもっといい位置につけてポイントを獲得できると思っていたからなおさらだ。気持ちを切り替えてブラジルに気持ちを向けていくよ。ブラジルもここと似たサーキットだし、うちのマシンはここで力を発揮していたからきっとブラジルでもいい結果に結びつくと期待している」。

◆ヴィタントニオ・リウッツィ
決勝=14位
「全体を見れば悪いレースではなかった。グリッド位置を考えるとポイント獲得には難しい展開になることはわかっていたんだけど、いいペースを保つこともできたし、最後まであきらめずに頑張った。フェルナンドともウィリアムズともいい勝負ができていたし、トロロッソともバトルができた。チームにとっては収穫のあるレースだったと思うよ」。

◆ヴィジャイ・マルヤ代表
「昨日のエイドリアンの予選4番手を見ても、今日のレースはもっといい結果を期待していた。しかしペナルティが適応されてしまったことでより重いロズベルグの後ろに捕まってしまい、さらには序盤でコバライネンの後ろに後退してしまった。その後マクラーレンを抜くときに接触してしまったことでエイドリアンのレースは厳しい局面となってしまったけど、これによってうちのマシンがトップチームたちと遜色ないパフォーマンスを持っていることを示せたのはいいことだろう。トニオもまたいいレースをしてくれ、ここ3戦のうち2回目の完走を果たした。彼には自信もついているし、次戦のブラジルに向けて士気も高い。ブラジルでは今週末見せたようなパフォーマンスをまた見せることができるよう取り組むし、結果を残すことによってそのパフォーマンスが本物であることを証明したい。

(翻訳:Noah Sellen / 編集:Moto)
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン258ポイント
2位シャルル・ルクレール178ポイント
3位セルジオ・ペレス173ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング431ポイント
2位フェラーリ334ポイント
3位メルセデス304ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER