F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-フォース・インディア・フォーミュラ ワン・チーム【ドイツGP(木)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-フォース・インディア・フォーミュラ ワン・チーム【ドイツGP(木)】

【ドイツGP プレビュー】
100722fi1.jpg

エイドリアン・スーティル
Q.ドイツGPはあなたのホームGPですね。やはり、あなたにとって特別なレースですか?

「シルバーストンはチームの拠点だし、次はホッケンハイムだから、今回は2戦続けてホームレースのような感じだよ。もちろん、僕にとっては特別なレースだよ。僕が初めて見たトラックなんだ。家族に会いに行く途中で立ち寄って、そこに座って、F1に行ったらどんな感じか夢見ていた。その目標を達成して、ここに今、戻ってくることは魔法みたいだよ。様々なマシンで、何度もホッケンハイムでレースをしてきたんだ。フォーミュラ・フォード、フォーミュラBMW、そして現在のF1。しかも、最も力強いレースをいくつか、ここでしてきたからね。2、3度は優勝して、完走すれば必ず表彰台だったんだ。本当に競争力があるF1マシンでそこに向かって、昔の成功と同じものを目指すのは、素晴らしい感覚だよ」。

Q.サーキットはどうですか?

「サーキットそのものは素晴らしいトラックだよ。2002年に短いトラックを走ったけど、旧サーキットを走行したことはないんだ。新しいバージョンは本当に素晴らしいサーキットだよ。最初のコーナーは速くてチャレンジングだし、それから、とても遅いけど、オーバーテイクに最適な、タイトなヘアピンに続く長い直線がある。その次はトラックでベストなセクターのスタジアムに入る。素晴らしい右コーナーで、雰囲気や、そこに座っている観客を感じることができるんだ。フィニッシュ・ラインの前にある、2連続の右コーナーは特別で、とても難しいよ。もし、ここのトラックでの経験が豊富なら、このコーナーで少し稼ぐことができると思う。地の利に期待しているよ」。

100722fi2.jpg

Q.あなたは6人いるドイツ人ドライバーのうちの1人です。ドイツGPの雰囲気はさらによくなると思いますか?
「F1に来て以来、常にF1にはドイツ人の大きなグループがあって、今は6人、うち1人はミハエル・シューマッハだ。さらに多くの観客が来て、雰囲気が
もっと出ればと思っているよ。個人的には、自分のレースに集中して、マシンとチームから最大限のパフォーマンスを引き出してポイントを獲りたいね。F1で
初めて、地元でポイントを稼ぐのは、素晴らしい気分だろうね。去年、ニュルブルク・リンクで7番手でスタートしたのに、ポイント圏外だったから、今度こ
そ、結果を出したい。それができるマシンと、それに役立つ小さなアップデートがある。自信があるし、快適に感じているよ。こんな風に感じるときは、トラッ
ク上でもそれを示すことができるんだ」。

◆ヴィタントニオ・リウッツィ

Q.シルバーストンでの週末は、チャレンジングなものになりました。レースが終わった今、週末のパフォーマンスをどう評価していますか?
「シルバーストンは厳しい週末で、ポイントだけじゃなく、全体的に素晴らしいイベントにできたかという点でも、またチャンスを逃してしまったと思う。予選
で物事が悪く運んでしまって、ニコ・フルケンベルグをブロックしてペナルティを受けたことで、さらに何倍も悪くなってしまったんだ。ものすごいアンダース
テアで、レースの前半に、多くのタイムをロスしてしまったし、この問題を解決しないとね。他は上手く行ったから、もしレース序盤での遅れがなかったら、ポ
イントを狙えたかもしれない。幸運にも、ピットインしてソフトタイヤに換えると、本当に競争力が高いペースで、後半のラップは本当に力強かったんだ。フェ
ルナンド・アロンソと良いバトルができたし、本当にフェラーリを抑えるペースがあったから、フォース・インディアには励みになったよ。パフォーマンスは良
かったのに、ポイントを逃してしまったんだ。ライバルは常に強くなっているから、ホッケンハイムで同じことを繰り返すわけないはいかないんだ」。

Q.今週末、集中すべきポイントはどこですか?
「今回のレースでは、予選Q3進出に集中しなければならない。予選Q2には簡単に進めるのに、ソフトタイヤの温めに少し苦労するんだ。土曜のフリー走行の
後は自信があるけど、午後には少し間違った方に行ってしまうという意味では、エイドリアンも似たような問題を抱えていたよ。予選がカナダの時のようにうま
く進めば、レースでも結果はついてくるはずさ」。

Q.ホッケンハイムでの経験は
「ホッケンハイムで育ったようなものだし、ここでのレースは楽しいよ。2002年にドイツF3でレースをして、2004年のF3000のレースで優勝し
た。素晴らしいトラックで、いくつかの高速コーナーが流れるようにあるんだ。モトドロム・セクションは実にスタジアムみたいなんだ。時には、ヘルメットの
中まで観客の歓声が聞こえるから、かなりゾクゾクするよ。10位でフィニッシュした2006年以来、ここでレースをしていないけれど、僕にとって、比較
的、得意なトラックだから、楽しみにしているよ。いくつか小さなアップデートがあるし、スタートからフィニッシュまで週末全体をまとめれば、いくつかポイ
ントを稼げるはずだ」。

【翻訳:Akiko Samesima】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン233ポイント
2位シャルル・ルクレール170ポイント
3位セルジオ・ペレス163ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング396ポイント
2位フェラーリ314ポイント
3位メルセデス270ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER