F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-フォース・インディア・フォーミュラ ワン・チーム【ハンガリーGP(金)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-フォース・インディア・フォーミュラ ワン・チーム【ハンガリーGP(金)】

【ハンガリーGP フリー走行1 / フリー走行2】
100730fi.jpg

◆エイドリアン・スーティル
フリー走行1=11位/フリー走行2=16位
「今日のメインの目的は、新しいブローン・ディフューザーで、できるだけ多くの走行を重ねることだったんだ。この点では、僕たちは大きく前進することができたし、特に問題らしい問題はなかったよ。導入するパーツが、どれだけ大きな部品かを考えると、素晴らしい結果だよ。様々なマッピングで上手く機能して、温度も管理できそうだから、かなり自信を持っていいと思う。でも、一般的に今日は、マシンから最大限のパフォーマンスを引き出すことができなかった。ソフト側のタイヤで少し苦しんでいて、トニオ(リウッツィの愛称)も僕も、ハード側のタイヤで改善できなかったんだ。ピークに達してから機能するハードタイヤと違って、ピークを感じなかったよ。ソフトタイヤを履いたときのグリップレベルを理解するのは、さらに難しいんだ。調査を続けて、明日は改良したいね」。

◆ヴィタントニオ・リウッツィ
フリー走行1=走行せず/フリー走行2=18位
「ハンガリーではいつものごとく、2回目のセッションで、サーキットのグリップがかなり低かったね。サーキットはそれほど汚れていないように見えるけどね。所々で、かなり滑りやすかったけれど、もっとラバーが乗る明日は、改善するんじゃないかな。現時点では、バランスはかなり良いし、特にハードタイヤでは良かったけど、ソフトタイヤでどうして改善できないのかを理解しないといけないね。僕たちにとって厳しい週末になりそうだね。でも、今日の走りは、実りの多いものだったし、明日に向けて、さらに速さを出すために、これから全てを調べたい」。

◆ポール・ディ・レスタ

フリー走行1=15位/フリー走行2=走行せず
「オンガロリンクでは今日、初めて走ったから、トラックを学習するために、それなりに時間をかける必要があったんだ。多くのコーナーが交じり合っているから、休む暇もなく走らないといけないし、グリップを感じて良いリズムを得るのは、かなり複雑なタイプのトラックだよ。平均スピードはかなり遅くて、シルバーストンのトラックでのように、マシンの最大限の効力が出ないんだ。いつもみたいに、走るのは楽しかったよ。トラックは最初はグリップが低かったけど、グリップレベルは、徐々に改善していったし、全てのプログラムをこなすことができたんだ。ブローン・ディフューザーは使っていないから、エイドリアンと直接比較して、どうだったかというのは難しいね。でも、今日の内容には満足しているよ」。

【翻訳:Akiko Samesima】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン258ポイント
2位シャルル・ルクレール178ポイント
3位セルジオ・ペレス173ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング431ポイント
2位フェラーリ334ポイント
3位メルセデス304ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER