F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-フォース・インディア・フォーミュラ ワン・チーム【イタリアGP(金)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-フォース・インディア・フォーミュラ ワン・チーム【イタリアGP(金)】

【イタリアGP フリー走行1 / フリー走行2】
100910fi.jpg

◆エイドリアン・スーティル
フリー走行1=走行せず/フリー走行2=11位
「全体的に、午後は上手く行ったよ。バランスや、ウイングのレベルといった一般的なテストをいくつか行ったんだ。バランスは良かったけれど、期待していたほどのペースがまだないから、ベストなバランスを探しているところなんだ。だけど、明日は僕達にとって良い一日になってくれるはずさ」。

◆ヴィタントニオ・リウッツィ

フリー走行1=7位/フリー走行2=位
「良い金曜日にだったよ。特に最初のフリー走行で、Fダクトが戦力になるかどうかを判断して、それを理解するために多くの仕事をこなしたんだ。午後は主に、タイヤワークに専念したんだ。全体的に、マシンのバランスはあまり良くはないね。ブレーキやハンドリングの調整を少しないといけないんだ。だれど、明日のことははっきりと想像できるし、Fダクト有りと無し、燃料の重い時と軽い時といった、全ての異なるシチュエーションもテストしたからね。他のチームは去年と比較して、進歩したから簡単なレースにはならないと思うけど、いくらかポイントを得ることができると確信しているよ」。

◆ポール・ディ・レスタ
フリー走行1=12位/フリー走行2=走行せず
「ここで走るのは始めてだったし、モンツァは明らかに特別なトラックなんだ。トラックの片方は良く見渡せる場所にあるんだけど、もう片方のトラックは森の中なんだ。ハイスピードで、ブレーキングが全てだということもまた違う点だね。ロー・ダウンフォース仕様のマシンをドライブするのも初めてだったんだ。ここでは、ブレーキの安定性がなくて、ブレーキングをするエリアが長いから、少し衝撃的だったよ。自分の感覚で走れたし、サーキットはセッションの終盤に改善されていったから、タイヤやにフラットスポットを作りたくなかったんだ。これまでの感じだと、見通しは明るいと思う。いつも思っているみたいに、2回目のセッションでもサーキットに出て行きたかったけど、少なくとも、また一つサーキットを学習できたよ!」

【翻訳:Atusi Kitami】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER