F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース – レッドブル・レーシング 【日本GP(土)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース – レッドブル・レーシング 【日本GP(土)】

10_03_RedBull.jpg

◆セバスチャン・フェッテル
フリー走行3=4位/予選=1位
「今日はたくさんの出来事が起こった予選で、気を散らさないよう集中して取り組んだ。最も大切なことは、アクシデントが多かったにもかかわらずドライバーが皆無事であるということ。予選は皆、たった一回のベストラップを求めて限界を探っているわけなんだけど、みんなが失敗を犯していた第9コーナーは非常に難しいところなんだ。アプローチがワイドすぎるとスピードを殺しきれずに、ドライバーはただの乗客となってしまう。スピードが殺せないうえ、ウォールが近いからみんなぶつかってしまうんだ。赤旗については運だよね。タイヤを温めようかというときに出ればラッキーだし、ちょうどアタックラップに入ったときに出ればアンラッキーだというだけのことだよ。今日はマシンの調子も絶好調でQ1、Q2、Q3全てでベストタイムを記録できた。最も難しかったのはレース分の燃料を積んでたった1周のアタックとなるQ3だったかな。 S字のあたりは非常に難しいし、タイヤは2周目まで持たないからね。今日はシンガポール以来最高のパフォーマンスを見せてポール・ポジションを獲得できたのだから最高の気分だ。今日は良い一日だった。さて明日はどうかな」。

◆クリスチャン・ホーナー代表
「セバスチャンとチームは素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。全てのセッションで最速タイムを記録したし、明日のレースに向けての燃料も十分に積んでいる。あとで燃料の状況を把握するのが興味深いよ。セバスチャンにとってはいいスタートを切れたけど、マークについてはマシンが非常にいいパフォーマンスを見せている中、予選にチャレンジできなくて残念だった。明日はグリッドの両端からレースに取り組んでいくことが重要となる」。

◆ファブリス・ロム ルノー・エンジニア部門責任者・トラック・サポート
「特にパワフルなエンジンとよくできたシャシーが重要なこのコースにおいて、今日の結果を得られたということは、うちのチームはこれらを両立しているということであり大変満足している。今日はポール・ポジションを獲得できたわけだから、これを明日の勝利に結び付けられるかが楽しみだ。マークはいいパフォーマンスを見せていただけに、マシンを失ってしまって非常に残念。明日に向けて修理はしているのだけど、同じところでクラッシュした人が多かったから今日の予選はいかにこのサーキットが難しいかを証明することになったね」。

———————————————————————

◆クリスチャン・ホーナー代表
「マークはP3で非常にいいラップを刻んでいる最中で、セクション1で自己ベストを更新したばかりだった。クラッシュは多くの犠牲を払う結果となってしまった。午後にはシャシー交換をしなければならず、予選を走ることができなくなったわけだから。明日の朝にはシャシーを再検査しなければいけないため自動的にピットスタートになる。マークにとっては残念な決勝のむかえ方となってしまった」。

◆マーク・ウェバー

フリー走行3=19位/予選=20位
「ここまでくるのにどれだけの準備がなされていたかを思うと、このような順位から決勝に臨む悔しさといったらない。特にガレージの中のスタッフにとってはね……。クラッシュそのものは大きなものではなかったのだけど、シャシーにダメージを与えてしまって結果としてシャシー交換となってしまった。最近はスぺアカーはないから、こういう状況は仕方がないことなのだけど、非常に残念なことには変わりない。フリー走行終盤の最後の走行前に、マシンにいくつかの変更を加えたのだけど、第8コーナーを抜けるときにボトミングしてしまってコントロールを失ったんだ」。

(翻訳:Noah Sellen / 編集:Moto)
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER