F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-フォース・インディア・フォーミュラ ワン・チーム【バーレーンGP(木)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-フォース・インディア・フォーミュラ ワン・チーム【バーレーンGP(木)】

100311fi.jpg

100311fi2.jpg
◆エイドリアン・スーティル
Q:VJM03の冬期テストを終えていかがでしたか?
12日間のテストを経て、マシーンのベースラインはなかなかの仕上がりで期待できると思う。冬の間に加えた変化は全て好調な結果につながっている。雨が多かったけど、終盤のバルセロナ・テストは順調だったね。入念にテストしたのがタイヤなんだ。ロングランにも対応できているし、準備は整った。バーレーンGPではトップ10に入る自信があるよ。

Q:テストの内容から、レースの結果を予測できますか?
多少は予想できるけど、他チームのプログラムを知ることができないから、100%断定できないな。特に、マクラーレンやフェラーリのような大きいチームはロングランも予選も速いし、常にトップタイムを刻んでくるだろうしね。週末のレースでも、きっと上位に付けてくるはず。もちろん、僕らもそこまで遠い位置にはいないから楽しみだよ。

Q:新しいチームメイトのポール・ディレスタが加わりました。過去に彼とレースで戦ったことは?
そうだね、だいぶ昔のことだけど、2005年のF3で戦ったことがある。彼はいいドライバーだし、チームに加わったことでマシンの開発にも協力してくれるだろう。金曜日のセッションにも参加するから、経験も積めるはず。みんなにとって良いチャンスだよ。

Q:まもなくバーレーンGPが始まりますが、どんな結果を期待していますか?
できればトップ10に入りたいね。その可能性は十分あると思う。ポイントも稼ぎたいしね。後は結果のみだ。10位以内ならどのポジションであってもいい。それが今の僕の目標だ。

◆ヴィタントニオ・リウッツィ
Q:プレシーズン・テストで一番長くマシンに乗っていましたね。テストの感想は?

5日半をかけてマシンを走行してきたので、多くを学んださ。開幕戦までに仕上げなければいけない課題は幾つか残っていたけど、ほとんどがまずまずの結果を示している。マシンはどんな変更にもよく反応しているし、間違いなく良い方向に向かっている。天候には恵まれなかったけど、マシンは抜群な信頼性とパフォーマンスを示してくれた。だから僕はバーレーンを始め、今シーズンがとても楽しみだ。

Q:今までに乗ったマシーンと比べて、このマシーンをどう判断していますか?
5年間のF1キャリアの中で、このマシンが一番だね。最もバランスがよくて、乗っている僕を強くさせ、自信を持たせてくれる。もちろん他のマシーンと比較するのは難しいけれど、バーレーンにはポシティブな気持ちで挑めるよ。

Q:バーレーンのコースは新しいレイアウトになってますがる、新しいレイアウトを見たことは?
グーグル・マップとシミュレーターで見たよ。より長く低速なコースになっているね。僕は高速コーナーや高速なコースが好きだから、好みじゃないな。所々タイトなレイアウトになっているから、オーバーテイクの場面は少なくなると思う。まあ、みんなも同条件で走るわけだから、慣れるしかないね。とりあえず木曜日にコースを歩いて確認するよ。

Q:このレースの目標は?
初戦では、まず冬のテストの結果を出したいね。ポイント稼ぎは何より大事だけど、上位10位以内に入りたいね。ポイントは確実にとれるから、あとはマシンがテスト通りの信頼性を発揮してくれることだけだね。

◆ポール・ディ・レスタ
Q:2月にテスト&リザーブ・ドライバーとして発表されました。これまでの期間はどうでしたか?
超忙しかったね! F1テストが始まって以来、ずっとスペインで大忙しのスケジュールをこなしてきたんだ。だって3週間で3種類ものテストをしたのだから。ファクトリーでも時間を過ごした。チームとエンジニアを知ることで、早くチームにも馴染めるからね。マシンに乗った2日は理想に反してレイン・コンディションだったけれど、この状況下での対応や、タイヤの交換タイミングを学ぶことができて良かった。今後のキャリアに活かしたいたいね。何よりマシンを知ることが大切だった、長所や短所の両方をね。僕にとって今はどんな経験でも重要なんだ。

Q:DTMのテストにも参加していました。DTMからF1へ転向したときどんな気持ちでしたか
F1とDTMは全く違うものだね。以前はF1からDTMに行ったけど、今はその逆だね。以前は自分が気づく前にことが進んだから、すでに勉強は始まっている。それぞれのマシーンに乗るには、それぞれの集中力が必要。経験を積んで、頭ではなく感覚で乗りたいね。

Q:バーレーンへの思いは?
とてもエキサイトしている。F1チームの一員として参加できるのだから。フリー・走行では乗らないけどね。バーレーンはF3時代に走ったことがあった、素晴らしいコースだ。早く飛行機に乗ってレースウィークに挑みたい。実際のところ、レースが始まってみないとマシンの本性は分からないけど、みんな楽しみにしている。僕も待ち遠しいよ!

【翻訳:Hsing Yun Su】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン258ポイント
2位シャルル・ルクレール178ポイント
3位セルジオ・ペレス173ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング431ポイント
2位フェラーリ334ポイント
3位メルセデス304ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER