F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース – スクーデリア・フェラーリ・マールボロ【シンガポールGP(金)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース – スクーデリア・フェラーリ・マールボロ【シンガポールGP(金)】

090925 sf.jpg

◆スクーデリア・フェラーリ・マールボロにとって少し厳しい初日となった。フリー走行2で、キミ・ライコネンとジャンカルロ・フィジケラは、14位と16位だった。

◆ステファノ・ドメニカリチーム代表
「明確なのは、今日のフリー走行のタイムを比較してみると、一方(ライコネン)は見えない理由で考えさせられる結果になり、もう一方(フィジケラ)は、明らかに難しい状況にアクことが分かった。多くのチームがそれぞれマシンを進化させてきている。ここ2カ月、我々はF60の開発を凍結させていた。これは正しいと思って選んだ道だが、我々は、手持ちのパッケージに集中して、過去の2レースでやったようないい仕事ができれば、結果はついてくると思っている」。

◆ジャンカルロ・フィジケラ
フリー走行1 24周 1分52秒390/17位
フリー走行2 31周 1分50秒253/16位
「とてもむずかしい日だった。クルマは過敏で、セットアップの方向が見つからないままだよ。じっくり腰を据えて、予選と決勝を考えたいね。モンツァよりいい結果を出すことが目標だ。でも、それが簡単じゃないことは分かっている。路面が非常に滑り易くて、タイヤにグレイニング(ささくれ)が出ることもあった。ウェーバーのアクシデントで、ソフト・タイヤのロング・ランをマネージメントできていないのも残念だった。ソフト・タイヤは、コンマ3〜4秒も早いけれど、安定性では疑問符付きだね」。

◆キミ・ライコネン
フリー走行1 19周 1分50秒865/9位
フリー走行2 29周 1分49秒941/8位
「いつもの金曜日だよ。いくつかの小さな問題はあったけれど、全体的に言えば予定したプログラムはこなせたから。いつもチームにとって、燃料搭載量がどうだったかが問題だね。明日の予選でどういう走りができるか考えているんだ。今日の段階では、ここ数戦のように表彰台を狙うレースができるかどうかを語るのは早すぎるよ。柔らかい方のタイヤは、性能の落ち方がより早いことが今日の段階で分かった。ちょっと驚いたけれ、いつものことだよ。路面にちょっとずつラバーが乗って、状況は進化するよ」。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン258ポイント
2位シャルル・ルクレール178ポイント
3位セルジオ・ペレス173ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング431ポイント
2位フェラーリ334ポイント
3位メルセデス304ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER