F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-フォース・インディア・フォーミュラ ワン・チーム【オーストラリアGP(金)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-フォース・インディア・フォーミュラ ワン・チーム【オーストラリアGP(金)】

100326fi.jpg

フォース・インディアは、オーストリアGPの週末に向け今日、90分間のフリー走行を2回行った。金曜日のフリー走行で出走をする予定になっていたポール・ディ・レスタは、1回目のフリー走行で、エイドリアン・スティールに代わり走行し、F1デビューを果たした。3人のドライバーの今日のプログラムは、通常の金曜日のように、ベースライン走行、タイヤの評価とロングラン走行を行った。悪名高いメルボルンの気まぐれな天候で、時折にわか雨に見舞われたものの、チームは明日の走行に必要なデータを収集した。

◆エイドリアン・スティール
フリー走行1=出走せず/フリー走行2=8位
「フリー走行2回目の雨は、特に僕の最初のセッションだったから、理想的ではなかったね。だけど、僕たちはできることをやったし、全体的に見れば、そこで見つけたことはとてもポジティブだと思う。セッションの始め、ハード側のコンパウンドのタイヤで走って、その後にソフト側に変えたんだ。それから、サーキットがウェットの時は、インターミディエイト(レインとドライの中間のタイヤ)も試した。すべて上手く機能したし、今日必要な情報は全て集めることができたよ。今週末の良い手ごたえを感じているから、バーレーンよりも良い結果を残したいね」。

◆ヴィタントニオ・リウッツィ
フリー走行1=10位/フリー走行2=8位
「今日はまずまずだね。セッション中にセッティングを変更したんだけど、クルマは非常に良く反応していたんだ。バランスにはかなり満足しているよ。フリー走行1回目では立て続けに2回赤旗が出て、2回目のセッションでは天候が役に立たないし、理想的なコンディションではなかったね。残念なことに、スペースを得ようとスローダウンして後退するドライバーがいて、つねに渋滞してたから、思うように走れなかったんだ。僕は、ところどころで休日しか運転しないドライバーのように慎重だった。ただ、週末の良いスタートが切れたし、明日のセッションに向け良い状態だと思うよ」。

◆ポール・ディ・レスタ
フリー走行1=11位/フリー走行2=出走せず
「アルバート・パークはF1のカレンダーの中で最も難しいトラックの一つだから、セッションに入るときは、かなりナーバスだったんだ。公道とサーキットが半々だから、プログラムを最初から組み立てなければならなかったよ。特に、冬季のウェット状態のテストの後、ドライブする機会がなかったから、クルマの中で快適に感じる必要があったんだ。初めてだったけど、路面にラバーが載ってからは、快適さの限界を超えてプッシュすることができたね。メルボルンでは、壁がとても近くて、ミスがあまり許されないから、いくつかのセクターでは慎重にならなければいけなかったんだ。メインの仕事は走行距離を稼ぐことと、コースを覚えることだったけど、レースでの最適なセットアップの基礎をドライバーのために作ることが大切なんだ。僕と今週末のチームにとって、良いスタートになったことを願っているよ」。

◆ドミニク・ハーロー(チーフ・エンジニア)
「中断された1回目と2回目のセッションを踏まえ、今日は迅速に対応を考えなければならない。フリー走行1回目の赤旗と2回目のにわか雨が何度も走行を中断し、対処すべき渋滞がたくさんあった。ドライバー3人全員がクルマのバランスに満足し、通常の金曜日の作業を終了した。いつものように、週末の始まりのサーキットはとても滑りやすかったが、ラバーが載れば、グリップが得られると考えていた。明日までにクルマの改良がさらにいくつかできると信じている。競争力のある週末が楽しみだ」。

【翻訳:Akiko Samesima】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン310ポイント
2位シャルル・ルクレール201ポイント
3位セルジオ・ペレス201ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング511ポイント
2位フェラーリ376ポイント
3位メルセデス346ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER