F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-フォース・インディア・フォーミュラ ワン・チーム【中国GP(日)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-フォース・インディア・フォーミュラ ワン・チーム【中国GP(日)】

100418fi.jpg

◆エイドリアン・スーティル
決勝=11位
「今回は戦略勝負のレースだったよ。雨が降ったあとにドライになって、その後また雨が降るかもしれなかったから、どれがベストなタイヤなのか知るのが常に難しかったんだ。ドライタイヤでスタートして、1周目のセーフティ・カー導入でピットインしたときにインターミディエイト・タイヤ(レインとドライの中間のタイヤ)に換えたんだ。雨がけっこう降ってきたときに、この判断は正しかったとわかったよ。簡単に沢山のクルマを抜くことができたからね。それから、雨が弱まったからドライに換えて2、3周走ったら、雨が強くなったんだ。19周目で2セットめのインターミディエイトを履いてから、ルイス(・ハミルトン)、セバスチャン(・フェッテル)、フェリペ(・マッサ)を含む先頭集団と何周も戦えたけれど、タイヤにグレーニングが出てきて、またピットに入らなければならなかったんだ。この最後のピットストップでいくつかポジションを落として、13番手に下がってしまったよ。ミハエル(・シューマッハ)にかなり迫ったけど、追い越すには周回が足りなかったよ。こういうタイプのレースで勝つこともあれば、上手く行かないこともある。そういうものさ」。

◆ヴィタントニオ・リウッツィ
決勝=リタイア
「寒さと雨で、フォーメーション・ラップでのブレーキの温めに問題が出た。その後、1周目の第4コーナーでブレーキをかけたら、リアが完全にロックして、マシンはコントロールを失い、コースアウトしてしまったんだ。スタートはかなり上手くいって、最初のコーナーで3つもポジションを上げることができたし、コンディション次第でとても面白いレースになっただろうから、すごく残念だよ。でもレースはそんなもので、今回は、僕たちの思うように行かなかった。次のレースに向けて精一杯頑張りたいよ」。

【翻訳:Akiko Samesima】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン310ポイント
2位シャルル・ルクレール201ポイント
3位セルジオ・ペレス201ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング511ポイント
2位フェラーリ376ポイント
3位メルセデス346ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER