F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース – ING・ルノー・F1・チーム

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース – ING・ルノー・F1・チーム

090607REN.jpg

◆イスタンブール・パークでのトルコGPは、フェルナンド・アロンソとネルソン・ピケにとって、10位と16位の結果となるタフな午後になった。

◆フェルナンド・アロンソ
14周をソフト・タイヤ、26周をハード・タイヤ、18周をハード・タイヤでつないだ。
「もちろん、欲求不満を感じている。ポイント圏内でフィニッシュできなかったからね。もっとうまくできたはずだった。8番グリッドから、最も軽い(燃料が少ない)クルマでスタートした。でも、最初のピットストップの後から、トップコンテンダーのペースにに付いていけなかった。早急に問題を解決しなければならないと思う。次のシルバーストンは、もっといいポイントが取れるコースだと思う。シーズンの第二セクターに向けて、おかれた状況をチェンジしていきたいね」。

◆ネルソン・ピケ
31周をハード・タイヤ、17周をハード・タイヤ、10周をソフト・タイヤで走行。
「どうにもならないレースだった。運命は昨日の予選のトラブルで作戦の立てようがなくなったときに決まっていたと思う。クルマは悪くないフィーリングで、いいバトルもできた。ハミルトンを抜いた争いとかね。でも、結果はにはがっかりしているよ。でも、次のシルバーストンに向けて、心機一転して前進するよ」。

◆フラビオ・ブリアトーレ
「二人のドライバーは、難しいレースでベストを尽くしてくれた。クルマは十分な競争力がなかった。優先すべきは、全力で開発を進めることだ」。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン258ポイント
2位シャルル・ルクレール178ポイント
3位セルジオ・ペレス173ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング431ポイント
2位フェラーリ334ポイント
3位メルセデス304ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER