F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-ブリヂストン【カナダGP(日)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-ブリヂストン【カナダGP(日)】

【カナダGP 決勝】
100613bs1.jpg

100613bs2.jpg
◆2010年F1世界選手権 カナダGP決勝
開催場所: モントリオール 開催日: 6月11日〜6月13日
 
カナダGP決勝は、ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトン選手が、スーパソフト-ミディアム-ミディアムのタイヤ戦略でスリリングかつ非常に見所の多いレースに優勝した。

ハミルトン選手に続いてチームメイトのジェンソン・バトン選手がフィニッシュラインを越え、ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスが1-2フィニッシュを達成した。スクーデリア・フェラーリのフェルナンド・アロンソ選手が3位を獲得した。

◆安川ひろし (株)ブリヂストン モータースポーツ推進室長

「優勝したルイス・ハミルトン選手とボーダフォン・マクラーレン・メルセデスにお祝いを申し上げます。タイヤ戦略がレースをエキサイティングにした、素晴らしいレースを観ることができました。ブリヂストン・カナダ及びブリヂストンUSAは、このレースをプロモーションとマーケティングの最高の舞台として使っていました。彼らは幾つかの素晴らしいPR活動を行い、更には大勢の重要なゲストがサーキットを訪れて下さいました。ここモントリオールでチケットが完売したことは、北米でもF1が人気があることを示しています。F1がこの素晴らしい場所に戻ってくることができたこと、しかも、今日のようなエキサイティングなレースになったことを非常に嬉しく思います」。

◆浜島裕英 (株)ブリヂストン MS・MCタイヤ開発本部フェロー
「今日のレースは、タイヤ戦略と路面コンディションの変化が重要な要素でした。今日は、今週末で最も気温が高く、タイヤのパフォーマンスも昨日までと比べて向上しました。路面コンディションが良くなってきたのはラバーが乗り始めた10周目ぐらいからで、気温の高さにも助けられました。レース優勝者は44周をミディアムコンパウンドで走りました。これは、路面コンディションがいかに向上したかを示しています。しかし、ミディアムコンパウンドもスタート直後では性能の落ちが大きかったため、早い段階からのピットストップが目立ちました。ピットストップ戦略や使用コンパウンドの装着順も様々で、興味深かったです。今日は1ストップ戦略は不可能でしたので、2ストップ、3ストップ、もしくはそれ以上のバラエティーに富んだ戦略が見られました。路面コンディションとタイヤのパフォーマンスが変化したため、ピットウォールからの判断も非常に難しかったと思います」。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン233ポイント
2位シャルル・ルクレール170ポイント
3位セルジオ・ペレス163ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング396ポイント
2位フェラーリ314ポイント
3位メルセデス270ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER