F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-スクーデリア・フェラーリ・マールボロ【カナダGP(日)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-スクーデリア・フェラーリ・マールボロ【カナダGP(日)】

【カナダGP 決勝】100613sf.jpg

◆フェルナンド・アロンソ
グリッド=3番 / 決勝=3位
「また表彰台に立って、上位を争うことができて良かったよ。今日は勝つチャンスもあったけど、コースが混雑を上手く処理できなかったのが響いたね。ああいうことは誰にでもあるもので、今日は僕たちの番だったということだろう。目標を達成するためには、ずっと表彰台に立ち続けないといけないんだ。今日の結果は、戦術面でもピット作業でも、素晴らしい仕事をしてくれたチームの士気を固める絶好の材料になったと思うよ。今日はタイヤが問題で、最初のソフト・コンパウンドはすぐに消耗してしまったし、ハードもまた違う減り方をしたんだ。さいわい、僕たちのマシンはタイヤに優しい。トルコGPのあとで、ここまでやれるとは正直言って思わなかったよ。次のバレンシアには、新しいパーツがたくさん投入されることになっているんだ。それで、どんなタイプのサーキットへ行っても、高い戦闘力を発揮できるようになると期待しているよ。地元で開催されるふたつ目のレースでは、まだ表彰台に立ったことがないから、2週間後にはバルセロナに続いて結果を残したいものだね」。

◆フェリペ・マッサ
グリッド=6番 / 決勝=15位
「悪いことがぜんぶ僕に降りかかってきたような、最悪のレースだった。1コーナーでアクシデントがあって、もう上位を争うチャンスがなくなってしまったんだ。出足は良かったんだけど、(ヴィタントニオ・)リウッツィと(ジェンソン)バトンに挟まれて接触。結果はごらんのとおりさ。残念だけど、ああいうこともある。今回も、いつものように予選より決勝の方がマシンの状態は良かったよ。ずっと集団の中に呑み込まれていて、ようやくポイント圏内まで順位を挽回したと思ったら、今度はミハエル(・シューマッハ)とぶつかって、ポイント獲得の可能性もなくなってしまったからね。バレンシアではマシンが強化されるから、何としてもトップ争いに加わりたいよ」。

【翻訳:Shigehiro Kondo】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン258ポイント
2位シャルル・ルクレール178ポイント
3位セルジオ・ペレス173ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング431ポイント
2位フェラーリ334ポイント
3位メルセデス304ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER