F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-ブリヂストン【ヨーロッパGP(日)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-ブリヂストン【ヨーロッパGP(日)】

【ヨーロッパGP 決勝】
100627bs1.jpg

100627bs2.jpg
2010年F1世界選手権 ヨーロッパGP 決勝
開催場所: バレンシア 開催日: 6月25日〜6月27日

ヨーロッパGP決勝は、スーパーソフト-ミディアムのタイヤ戦略を使ったレッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテル選手が波乱に富んだハイスピード・レースで優勝した。

ベッテル選手に続いてフィニッシュラインを越えたのは、マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトン選手とジェンソン・バトン選手。レース序盤、奇跡的に無傷だったマーク・ウェバー選手(レッドブル・レーシング)の事故の後にセイフティー・カーが導入された。尚、レース終了後、3位で完走したジェンソン・バトン選手を含む9台が、セイフティーカー導入中のラップタイムについて審議の対象となっている。

◆安川ひろし (株)ブリヂストン モータースポーツ推進室長
「今日の優勝者であるセバスチャン・ベッテル選手とレッドブル・レーシングにお祝いを申し上げます。小林可夢偉選手も、最高のタイヤ戦略を使って素晴らしいリザルトをBMWザウバーチームにもたらしました。昨シーズンからこのチームには多くの変化がありましたが、今回は素晴らしいポイントフィニッシュを達成することができました。マーク・ウェバー選手はすさまじいアクシデントでしたが、大した怪我もなく我々もほっとしています。今回は、素晴らしいバレンシアの町を背景に非常にエキサイティングなレースが戦われました」。

◆浜島裕英 (株)ブリヂストン MS・MCタイヤ開発本部フェロー
「今日はどちらのタイヤも力強い性能を発揮し、両方のコンパウンドで最速ラップタイムが記録されました。路面コンディションもレースを通して絶え間なく向上しました。セバスチャン・ベッテル選手は非常に力強いドライビングで、他のドライバーのようなルールに抵触することもありませんでした。小林可夢偉選手は長い第1スティントでミディアムタイヤの耐久性を証明しました。50周以上をこのタイヤで走り続けたにも関わらずコンペティティブなラップタイムを記録しました。その後、路面に一番ラバーが乗っている時にスーパーソフトを使うことができ、オーバーテイクのチャンスが多いとは言えないこのサーキットでオーバーテイクすることができました。タイヤの耐久性は高かったですが、ニコ・ヒュルケンベルグ選手のクルマの右リヤに関しては、タイヤとは無関係の要因によって生じた変化により、持ちこたえることができませんでした」。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン310ポイント
2位シャルル・ルクレール201ポイント
3位セルジオ・ペレス201ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング511ポイント
2位フェラーリ376ポイント
3位メルセデス346ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER