F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-ブリヂストン【ドイツGP(日)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-ブリヂストン【ドイツGP(日)】

【ドイツGP 決勝】
100725bs1.jpg

100725bs2.jpg
2010年F1世界選手権 ドイツGP決勝
開催場所: ホッケンハイム 開催日: 7月23日〜7月25日

ホッケンハイムで開催されたドイツGP決勝は、スーパーソフト-ハードのタイヤ戦略で戦ったスクーデリア・フェラーリ・マールボロのフェルナンド・アロンソ選手が、駆け引きの多い高速ペースのレースに優勝した。

アロンソ選手はチームメイトのフィリペ・マッサ選手をリードしながらフィニッシュラインを越え、シーズン開幕戦バーレーン以来の今季2度目の優勝を成し遂げた。レッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテル選手が3位に入った。

安川ひろし (株)ブリヂストン モータースポーツ推進室長
「今シーズン2度目の1-2を達成したフェラーリにお祝いを申し上げます。ドイツは我々ブリヂストンにとっては非常に重要な市場であり、今日のエキサイティングなレースに貢献できたことを嬉しく思っています。今シーズンは我々のF1最後の年ですが、ポジティブな姿勢でF1に取り組み続けていますし、レースのタイヤのアロケーションなどで見応えあるレースを提供できるよう、積極的にチャレンジを続けていることに誇りを感じています」。

浜島裕英 (株)ブリヂストン MS・MCタイヤ開発本部フェロー
「どちらのコンパウンドも期待以上の性能を見せてくれました。スーパーソフトは非常によくもちました。スーパーソフトの第1スティントをトップグループの他のドライバーよりも長く取ることによってポジションを上げたジェンソン・バトン選手が良い例です。ハードコンパウンドは、プライムタイヤとしては通常よりも温まるのに時間がかかりました。その証拠に、正しい性能作動領域に温度が上がるまでは、レース中にブレーキがロックしたり、コーナーでのグリップが弱かったり、トラクションが低かったりしました。今日は日本の開発エンジニアの力が良く表れたレースだったと思います。これらのタイヤはシーズンがスタートする前に設計されたもので、フロントタイヤが細くなったり、燃料補給禁止によってクルマが重くなるなどの多くの変化がありましたが、それにも関わらず、我々のエンジニアたちは、今シーズンのクルマでも、ここで我々が試したような極端なアロケーションでも高い性能を発揮するタイヤを作ってくれました」。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン233ポイント
2位シャルル・ルクレール170ポイント
3位セルジオ・ペレス163ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング396ポイント
2位フェラーリ314ポイント
3位メルセデス270ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER