F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-スクーデリア・フェラーリ・マールボロ【イタリアGP(日)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-スクーデリア・フェラーリ・マールボロ【イタリアGP(日)】

【イタリアGP 決勝】
100912sfeng.jpg

◆ルカ・ディ・モンテゼモロ会長
「私にとって、また、対照的な非常に強い感情を伴う人たちにとって、とても特別な日だった。このような素晴らしい勝利には喜びがあり、これを全てのファンに捧げたい。スクデーリア(チーム)が、このトラック上とファクトリーの両方で、成し遂げたことを誇りに思う。並々ならぬ仕事だ。絶対に諦めないという姿勢を曲げず、完璧にやり遂げた。この点については、ステファノ・ドメニカリ(チーム代表)、彼の同僚、そしてドライバーに感謝したい。フェルナンドは昨日、ポール・ポジションを取り、今日は優勝と素晴らしかったし、フェリペも表彰台フィニッシュをもぎ取った。しかし、ピエトロ・カラブレーゼという友人を亡くした痛みも、同時にある。彼は素晴らしいジャーナリストで我々のファンだった。この勝利を彼にも捧げたい」。

◆フェルナンド・アロンソ
グリッド=1番 / 決勝=1位
「フェラーリのステアリングを握って、モンツァで優勝することは特別なもので、2006年にバルセロナで地元の観客の前で優勝したときと同じくらいうれしいよ。表彰台に上るのは信じられないような感情なんだ。ものすごい数の人の波と、沢山の旗に囲まれるんだ。木曜日にファンがここに来たその瞬間から、ファンの感情に圧倒されたよ。この勝利をファンと、そしてすべてのフェラーリ・ファンを象徴する情熱に捧げたい。かなり良いスタートを切ったけれど、ジェンソン(・バトン)のマシンのほうが絶対的に良くて、パワーもあった。最初のコーナーで彼を攻めようとしたけれど、成功しなかったんだ。僕が彼とフェリペにぶつかる、かなりエキサイティングな瞬間もあったんだ。ダメージを被ったと心配したけれど、運よく何事もなかったんだ。常にジェンソンについていくことができた。僕らは最善と思える戦略をとっていて、彼がピットインしたから、僕がもう1周するべきなのは明らかだった。ピットストップは素晴らしかったよ。コンマ1秒縮めて、それが決定打になったんだ。今日、レースに勝ったのはメカニックたちだよ。彼らは本当にミラクルを起こしてくれた。マシンと同様に、チーム全体がファンタスティックだったんだ。次のシンガポールのためのアップデートがあるけれど、2011年のことも考え始めないといけないから、改善し続けるのは簡単じゃないよ。集中して、ベストを尽くすべきなんだ。まだ僕たちは負けているから、小さなミスも許されない状況さ。だけど、今日は良い進歩を遂げたことは間違いないね」。

◆フェリペ・マッサ
グリッド=3番 / 決勝=3位
「ホームレースで素晴らしい成績を収めることが出来て、チームにとって最高の日だったよ。良いスタートを切って、1つポジションを上げられたかもしれない。だけど、2コーナーから出るときに、トラクションが良くなかったんだ。それで、衝撃を感じて、見てみたらマシンの横に(ルイス・)ハミルトンがぶつかってきたんた。運良くダメージはなかったけどね。レース中、マシンはすごく良く機能していて、僕は常に競争力が高かった。ピットストップは完璧ではなかったけれど、そこでロスしたタイムのせいで落とした2位を逃したのかもしれない。いつものように、表彰台に上ることは本当に最高さ。表彰代の下の人々を見下ろす光景は、信じられないものなんだ。ストレート全てがファンで埋め尽くされているからね。僕は半分イタリア人みたいに感じているから、特別な感情だよ。チーム、そして地元の観客にも満足してるよ。これから、シンガポールから始まる次のレースのために備えないといけないし、そのための作業が沢山ある。簡単ではないだろけど、僕たちはやる気さ。優勝を目指して、チームのために、戦い続けるよ」。

【翻訳:Akiko Samesima】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER