F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-スクーデリア・フェラーリ・マールボロ【日本GP(日)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-スクーデリア・フェラーリ・マールボロ【日本GP(日)】

【日本GP 決勝】
101010sf.jpg

◆フェリペ・マッサ
グリッド=12番 / 決勝=リタイヤ
「今日は本当に呪われてるんじゃないかと思ったよ。午前の予選は渋滞のせいでQ3に進めなかったんだ。午後のレースは、最初の2コーナーすら通過することさえできなかった。スタートは前にいた(ニコ・)ロズベルグがスタートを失敗したから、僕は左に寄ろうとしたんだ。そしたら(エイドリアン・)スティールが来てたんだ。だから右に寄ったんだけど、気がついたときには、芝と縁石の上にいたよ。マシンがかってに進んでしまって、最初のコーナーを曲がりきれずに、フォース・インディアの(ヴィタントニオ・)リウッツィとぶつかって終わってしまったんだ。フェルナンドが見せたように、僕らのマシンはレースのペースが良いし、ポイント圏内も狙えていただけに、残念だよ。一番の問題は予選だよ。渋滞が原因だったとはいえ、今日も苦労させられたから。レースの状況が改善できても、オーバーテイクは難しいからね。ここ2レースは期待外れだけど、今年は、状況があっという間に変わるのを何度も見たからね。残り3つのレースでベストを尽くすつもりさ」。

◆フェルナンド・アロンソ
グリッド=4番 / 決勝=3位
「全体的には、ポジティブな1日だったよ。レッドブルの強さを見せ付けるために作られたようなサーキットで、表彰台に上ることができたからね。選手権トップのマーク(・ウェバー)と、たった3ポイントしかかわらないからね。ロバート(・クビツァ)のリタイヤは、強力なライバルがいなくなったのはラッキーだったよ。クラッチに問題があって、スタートは理想的ではなかったけれど、すぐにジェンソン(・バトン)を抜いて順位を上げることができた。前半は、マクラーレン、特に僕らとかなり違う戦略をとったジェンソンと距離を保って、守りのレースをした。それで、彼らが脅威じゃなくなったときに、レッドブルに少しプレッシャーをかけようとしたんだ。だけど、何もできなかったよ。ここで彼らは完璧だったし、そういう時に、彼らを負かすのはかなり難しいんだ。それでも、経験からすれば、いつもそういうわけにはいかないよ。もし常にそうだったなら、彼らはとっくに選手権のタイトルを獲っていただろうね。全てのチャンスを最大限に活かさなくてはならないんだ。すべてのレースで、F10の改善をしようとしてるよ。例えば、ここでは、シェルから新しいオイルをもらったし、ほかにも空力のアップグレードも少ししたんだ。これからのレースで、さらに新しいパーツを入れる予定だよ。それほど大きくないかもしれないけれど、全部合わせると、コンマ2-3秒変わるんだ。トップとの差を縮めるには、今後のレースでウェバーを攻めて、負かす必要がある。顔を上げて、次に向かいたいね」。

【翻訳:Akiko Samesima】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER