F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-ブリヂストン【バーレーンGP(日)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-ブリヂストン【バーレーンGP(日)】

100314bs1.jpg

100314bs2.jpg

距離が延長された新しいレイアウトのザヒール・サーキットで開催された2010年シーズン開幕戦バーレーンGP決勝は、スーパーソフト・ミディアムのタイヤ戦略で戦ったフェルナンド・アロンソ(スクーデリア・フェラーリ・マールボロ)が力強い勝利を飾った。

アロンソに続く2位でフィニッシュラインを越えたのはチームメイトのフィリペ・マッサで、フェラーリの1−2フィニッシュとなった。3位はボーダフォン・マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトン。上位3人は全員同じタイヤ戦略だった。

◆安川ひろし (株)ブリヂストン モータースポーツ推進室長
「新しいレイアウトのザヒール・サーキットで開催されたバーレーンGPは、最後のチェッカーフラッグまで最高のバトルが展開され、ブリヂストンはF1参戦14シーズン目のスタートを素晴らしい形で切ることができました。優勝者のフェルナンド・アロンソ、そして今日1−2フィニッシュを果たしたフェラーリにお祝いを申し上げます。また、初のレースで素晴らしい走りを見せたロータスもよくやったと思います。新レギュレーションは全チームにとっての素晴らしい挑戦になると同時に、世界中のTV視聴者にとてもエキサイティングなシーズン開幕戦を提供しました」

◆浜島裕英 (株)ブリヂストン MS・MCタイヤ開発本部長
「今日のタイヤのパフォーマンスに我々は非常に満足しています。今日は新レギュレーションの下で開催される初めてのレースでしたので、どんなレースになるかは誰にも予想がつきませんでした。レース序盤、セバスチャン・ベッテルがスーパーソフトを非常にうまく使い、予選で使った同じタイヤをトップグループの中でも一番長く持たせることができました。フェルナンド・アロンソはとても賢明にレースを戦い、優勝を果たしました。レース終盤に最速ラップタイムを記録するなど、とてもうまくタイヤをマネージしたところを見せました。フィリペ・マッサが表彰台に戻ってきたことも嬉しかったです。今回の燃料補給を行わない初めてのレースでは、予想通り、タイヤのマネージメントが非常に重要になりました。タイヤへの負担を軽減できたクルマとドライバーが、良いパフォーマンスを長く継続できるというレースでした。19戦を戦う今シーズンの第1戦が終わったばかりです。今シーズンの最高のタイヤ戦略を見出すには、まだまだ学ぶことがたくさんあると思います。今後のレースで最高のパフォーマンスを発揮できる秘密をチームが探り出していくのが楽しみですね」。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER