F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-ブリヂストン【オーストラリアGP(土)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-ブリヂストン【オーストラリアGP(土)】

100327bs.jpg

◆アルバートパークで開催されたオーストラリアGP予選は、レッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテルがブリヂストンのソフト・コンパウンド・タイヤでコースレコードとなる1分23秒919を記録し、ポールポジションを獲得した。

明日の午後の決勝レースのスタートでは、ベッテルのチームメイトのマーク・ウェバーが彼の隣に並ぶ。地元のヒーローであるウェバーは、午前中のプラクティス・セッションではソフト・コンパウンドを装着して1分24秒719の最速ラップタイムを記録した。

◆浜島裕英 (株)ブリヂストン MS・MCタイヤ開発本部フェローとのQ&A
今日の走行のポイントを教えて下さい。
「予選はタイムが非常に接近した良いバトルでした。セバスチャン・ベッテルが見事なポールポジション獲得を果たしました。トップ10は興味深いラインナップになりましたので、明日のレースは様々な可能性を秘めています。今日は昨日よりも気温がかなり低く、特に予選はドライバーたちにとっては難しかったと思います。予選は雨になる恐れがあったため、異なる戦略が用いられて興味深かったです」。

明日のレースではどのような戦略が考えられますか?
「コースコンディションによって大きく変わると思います。昨夜の雨で、今日のスタート時点ではコースがかなりグリーンな状態でした。明日のレースの前に雨が降れば、かなり難しいコースコンディションになるでしょう。ソフトタイヤでスタートするドライバーは、クルマやセットアップによっては、左側のフロントまたはリヤ、もしくは両方のタイヤのグレーニングに苦しむかも知れません。ドライバーがタイヤをいたわることができれば1ストップ戦略も可能でしょう。ここはピットレーンの制限速度が通常よりも低いことも1ストップの選択肢を可能にすると思います。ソフトタイヤはハードよりもラップあたり約0.5秒ほど早いですが、まだ十分なデータがないため、ソフトタイヤがここでどれだけ持つかは分かりません。これと、変わりやすいメルボルンの天気が、明日のレースの最大の未知数です」。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン258ポイント
2位シャルル・ルクレール178ポイント
3位セルジオ・ペレス173ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング431ポイント
2位フェラーリ334ポイント
3位メルセデス304ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER