F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-AT&T・ウィリアムズ【ドイツGP(木)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-AT&T・ウィリアムズ【ドイツGP(木)】

【ドイツGP プレビュー】
100722will1.jpg

100722will2.jpg
◆ルーベンス・バリチェロ
「ホッケンハイムは特にセッティングを決めるのが難しいサーキットなんだ。2〜3年前に改修されたけど、それでも長いストレートがある。ただ、これにマシンを合わせると、インフィールド・セクションでタイムをロスしてしまうので要注意。かなりの高速コースで、コーナーへの進入で優位に立つためにはストレートのスピードも重要なんだ。マシンが速ければ、ヘアピンへの進入で前へ出ることができる。ここは1周の中で、もっとも大きな追越しのチャンスと言えるだろう。スタジアム・セクションはタイトで、タイヤへの負担が大きいんだ」。

「ドイツGPは人気が高いから、雰囲気が素晴らしいし、いつも楽しませてもらっているよ。初優勝を飾った場所でもあるから、もちろんいい想い出がある。チームは、さらにマシンを進歩させるために全力をつくしている。ここ最近は上り調子だから、ホッケンハイムではトップ10入りを目指したいね」。

ニコ・フルケンベルグ
「地元のレースだから、他とはまったく違う経験になるんじゃないかな。ドイツのファンはこのレースを心待ちにしているし、きっと最高の雰囲気になるはずさ。ドイツ人ドライバーは注目されるから、いつもより忙しい週末になるかもしれないね」。

「ホッケンハイムはシーズンを通じてもっとも好きなコースのひとつ。ここでは以前には好レースを演じたことがあり、良い結果も残っている。特に2005年のフォーミュラBMW-ADACシリーズで2勝を挙げたことが記憶に残っているよ。レイアウトは面白いし、モトドローム区間が特に気に入っているんだ。まるでサッカーのスタジアムのような作りになっていて、その雰囲気は独特だよ。ターン1のような高速カーブと低速区間が組み合わされていて、マシンのセッティングに関しては高い妥協点を見いだすことが重要なんだ。また、ヘアピンへの進入は追越しのチャンスだから、ストレートのスピードも大きなファクターになる。タイヤに厳しいコースだから、その点にも注意が必要なんだ。シルバーストンでポイントを獲得できたのは嬉しかったし、やる気を出すきっかけにもなったけれど、まだ満足してはいないし、ホッケンハイムではさらに上を目指したいね」。

【翻訳:Shigehiro Kondo】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン310ポイント
2位シャルル・ルクレール201ポイント
3位セルジオ・ペレス201ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング511ポイント
2位フェラーリ376ポイント
3位メルセデス346ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER