F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-ロータス・F1・レーシング【ベルギーGP(日)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-ロータス・F1・レーシング【ベルギーGP(日)】

【ベルギーGP 決勝】
100829lo.jpg
◆ヤルノ・トゥルーリ
グリッド=15番 / 決勝=19位
「いろいろなことが起る波乱のレースだったけれど、スパではむしろそれが当たり前なんだ。スタートではヘイキ(・コバライネン)を避けるためにラインを変えなければならなくて、2台ほどのマシンに先行されてしまったよ。そのあとも、リヤ・タイヤの温度が上りすぎて苦しい展開だったんだ。さいわい温度は下って、後ろとの差を広げることができたから、雨が降りだすまでは悪くない展開だったよ。後続をかなり引き離して楽に走っていたところにセーフティ・カーが出たんだ。レースが再開された時は前を追っていたから、視界が極端に悪かったし、高速コーナーで白線に乗ってリヤを滑らせてしまったよ。そのためにいくつか順位を落してしまって、そのまま最後まで走り続けたんだ。2台とも完走できて何よりだった。当面のライバルに対しては優位に立っているしね。次のモンツァも頑張りたい」。

◆ヘイキ・コバライネン
グリッド=13番 / 決勝=16位
「スタートでエンジンが止まりそうになって、アンチ・ストール装置を使わなければならなかったんだ。それで、加速態勢に入ったころには順位を落していたんだ。雨が降り始めた時、最終コーナーでフロント・ウイングを傷めてしまって、ピットに入った。このときインターミディエイト※1を履く賭けに出たんだけど、すぐに雨が止んで、もういちどタイヤを交換することになって、前の集団から遅れることになったんだ。あとはできる範囲で自分の仕事をして、終盤の雨に乗じて順位を上げるチャンスを待つだけだった。実際、いくつか繰り上がって、最終的な結果は16番手だったよ」。

【翻訳:Shigehiro Kondo】

※1インターミディエイト
レインとドライの中間のタイヤのこと

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER