F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-チーム・ロータス【バルセロナ・テスト初日】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-チーム・ロータス【バルセロナ・テスト初日】

110308lo.jpg
スペイン・カタルーニャ・サーキット: 4655m
周回数: 81周
高度: 121m
天候: くもり
路面温度: 最低11℃ / 最高20℃
ファステスト・ラップ: バルセッチ: 1.25.406 (45周目) ラジア: 1.26.723 (73周目)
チームのfacebookに「いいね!」といっている人数: 85,355人(3月8日現在)

◆ダビデ・バルセッチ
「まず、今日マシンをドライブするチャンスを与えてくれたチーム・ロータスに感謝したいね。素晴らしい経験だったし、このチームとともに経験をつんでいきたい。新しいシート、より強力なパワー、より良いブレーキ。全てのパッケージが僕にとって新しい物だったけれど、午前中の終わりまでには、マシンがさらに快適に感じられるようになって、プッシュするチャンスがあったんだ。午前中のセッションが終わるまでにチームは、僕のパフォーマンスに満足してくれたと思う。だから、これ以上求めることは何もないよ。今日は、確実に良い1日だった」。

◆ルイス・ラジア
「F1のマシンにまた乗ることができて本当によかったし、最初の数周から、僕が以前乗った時よりも、マシンは進化していると感じたよ。午後にマシンを修理して、遅れを取ったにも関わらず、自分のパフォーマンスには満足してるよ。自分の走行時間が減ってしまうのは分かっていたけれど、今日は皆で決めたプランにどう取り組むかを学ぶための1日で、速いタイムを記録するためじゃなかったしね。マシンの開発を続けるチームに、フィードバックを与えるためのさ」。

◆マイク・ガスコイン (技術部門責任者)
「とても良い初日だった。二人のドライバーと共に全てのプログラムを完了することができたし、二人とも素晴らしい仕事をしてくれた。ダビデが、セッションの最後に小さなスピンをしたのは別として、二人ともミスはしなかったし、ルイスは、小さいメカニカルトラブルで彼の走行時間が若干削減されたのにも関わらず、とても良いパフォーマンスだった。今日の我々のプランを完了したことと、多くの走行をこなしたことで、ルイスがより向上できたと確信している。今日、マシンに乗って仕事をしてくれた二人のドライバーに感謝したい」。

【翻訳:Atusi Kitami】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER