F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-スクーデリア・フェラーリ・マールボロ【オーストラリアGP(金)】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-スクーデリア・フェラーリ・マールボロ【オーストラリアGP(金)】

【オーストラリアGP フリー走行1 / フリー走行2】
110325sf-1.jpg

110325sf-2.jpg
◆フェルナンド・アロンソ
フリー走行1=3位/フリー走行2=3位
「フリー走行2回だけで判ることはほとんどないだろうし、まだ、何とも言えないよ。午前中はレッドブルが速くて、午後はマクラーレンだった。僕たちやメルセデスもまずまずで、ウィリアムズ、ルノーも良さそうだね。多くのチームに勝つチャンスがあるから、明日はミスを犯さないことが肝心だ。今日は、路面の特性もあってテストの時とすこし違うタイヤの挙動を理解することに専念したんだ。どの程度の耐久性があるか判らないからレースには柔軟な戦術で臨むべきだろうね。10周しか走れないのか、30周もつのか、予想がつかないんだ。マシンの状態はまずまずで、最初はアンダーステアがでたけれど、改善されていった。日本のファンを力づけるために、今日は応援のステッカーを貼って走ったよ」。

◆フェリペ・マッサ

フリー走行1=11位/フリー走行2=7位
「チームメイトと手分けしていろいろなことを試したよ。ソフト・タイヤは4周目までグリップしなかったから、思ったほどタイムを伸ばせなかったよ。ハード・タイヤを使ったロングランも、雨の影響であまり参考にならないね。ソフトは思ったより長持ちしそうだけど、レースでどうなるかは予測がつかないよ。これまでテストしていたバルセロナよりはタイヤへの負担が小さいだろうね。コースによってどんな状態になるか、的確に把握することが重要なんだ。タイヤの種類による性能差も見極めなければならない。マクラーレンとレッドブルが強そうだけど、ほかのチームにもチャンスはありそうだよ」。

【翻訳:Shigehiro Kondo】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER