F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   リリース-イスパニア・レーシング・F1・チーム【マレーシアGP プレビュー】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

リリース-イスパニア・レーシング・F1・チーム【マレーシアGP プレビュー】

こちらはHRTのオリジナルリリースを元に[STINGER]が製作したリリー
スですが、内容はオリジナルのものと同じです。

110407phsp.jpg
◆ナレイン・カーティケヤン
「最後にマレーシアでレースをしたのは、2005年だよ。地元のファンから大きなサポートを受けたんだ。インド人のファンが、レースを見るためにたくさん来てくれたから、このグランプリには素晴らしい思い出があるんだ。地元の食べ物も、僕の故郷のインドと似てて、スパイシーでおいしいから大好きなんだ。オーストラリアではほんちょっとしか走ってないにも関わらず、F111は昨年のマシンよりも改善できるポテンシャルがあると感じられたんだ。セパンは、マシンとドライバー、両方にとってテクニカルな面でタフなサーキットなんだ。F111にとって、良いテストになるんじゃないかな。今週末の一番の目標は、できる限り多くの距離を走ることなんだ。もっともっと走行距離を稼いで初めて、F111をの特性を理解できるし、マシン自体のポテンシャルを引き出していくことができるんだ。予選を突破して、レースを完走することがマレーシアでの最も重要な目的だよ。僕のF1への復帰が発表されてから、インドに帰って、アウトドア・トレーニングを懸命にやってるんだ。故郷の気候は、マレーシアでの今週末のレースで経験する気候にかなり近いから、体力には自信があるし、セパンに向けての準備はできているよ」。

◆ヴィタントニオ・リウッツィ
「マレーシGPには、極端な天候というファクターが加わってくる。去年の予選は雨の影響を受けて、本当にチャレンジングだった。セパンはテクニカルで、走るにはタフなトラックだから、F111にとって本当に良いトラックだと思う。僕たちにとって初めてのレースを走る会場としてはチャレンジングなコースだけど、マシンの情報をたくさん手に集められる場所なんだ。今週末に向けて期待をしているのは、予選を上手く走って、レースを完走すること。それから、マシンのパフォーマンスや、信頼性を高めることなんだ。このレースに向けて自信があるし、モチベーションも高いんだ。今までよりも準備はできているし、何が必要何かは分かっているから、オーストラリアの時とは、状況は大きく変わってるよ」。

【翻訳:Atusi Kitami】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER