F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-ザウバー・F1・チーム【マレーシアGP プレビュー】

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-ザウバー・F1・チーム【マレーシアGP プレビュー】

110407psau-1.jpg
◆小林可夢偉
「セパンのサーキットは、去年予選Q3まで進めたので、いい印象がありますね。メルボルンでのパフォーマンスが良かったので、次のレースに向けてもチベーションは高いですよ。マレーシアは常に気温が高いので、前回とは状況が大きく変わると思います。そこではタイヤのデグラデーション※が高いでしょうし、レースの戦略が変わってくるかもしれませんね。ウェットのレースにになるかどうかがもう1つのポイントですね。マレーシアは、ウェット・コンディションになることが多いです。メルボルンでの状況から、パフォーマンスにはかなり自身がありますよ。このペースが続いて欲しいです。このサーキットのレイアウトは、いくつか高速コーナーがあって素晴らしいですし、オーストラリアよりもオーバーテイクのチャンスが多いですよ」。

◆セルジオ・ペレス
「もちろん、モチベーションは高いままだし、2回目のF1のレースがすごく楽しみだよ。僕らのマシンは、ポイントを獲得するのに十分な速さがあるし、信頼性もある。このまま一貫性を保ち続けたいね。デビュー戦で予選や決勝を経験して、今はレースでどうするべきなのか良く分かったし、それが自信になってるんだ。セパン・サーキットは、2009年のGP2アジアで走ったことがあるよ。体力的にキツいサーキットだし、テクニカルなんだ。長いサーキットだから、1周を正しいラインで走る事が難しいよ」。

◆ジェームス・キー(テクニカル・ディレクター)

「開幕戦での素晴らしいパフォーマンスの後なので、マレーシアは面白いイベントになりそうだ。週末を通して、天候が重要なポイントになる。路面温度はもう一段高くなるかもしれないし、そういった環境でピレリのタイヤを使用するのは、まだ誰も体験していない。ウェットになっても、不慣れな状況だ。状況を良く見ておかなければならないし、どんな場面に直面しても、ベストを尽くさなければならない。セパンは前回のメルボルンに比べて典型的なF1サーキットで、広い高速コーナーといくつか長いストレートがあり、オーバーテイクが期待できる。1〜2コーナーのようなタイトなコーナーもあり、そのほかにもレイアウトの最後にはヘアピンもある。どれもトリッキーなコーナーだ。マシンは、ボディーワークとブレーキダクトにいくつかのアップデートを行う。力強い結果を楽しみにしている」。

[STINGER]

※デグラデーション
走行による磨耗により、タイヤの性能が低下すること。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER