F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース-パナソニック・トヨタ・レーシング

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース-パナソニック・トヨタ・レーシング

090419_toyota.jpg

◆ウェットタイヤを履いたティモ・グロックはピットレーンからのスタート。前半、何度もオーバーテイクをし、2度目のセーフティカー導入の際には11位まで順位を上げた。果敢に攻め、さらに数台をオーバーテイクし、7位でフィニッシュ。6番手グリッドでスタートしたヤルノ・トゥルーリは、ウェットコンディションでグリップを得るのに苦しみ、17周目では、BMWザウバーのロベルト・クビサに後方から追突され、リタイアした。

ヤルノ・トゥルーリ
「ついていない日だった。あちこちに水たまりがあって、クルマの操作がきかず、難しいコンディションのレースだった。初めの数周はペースも良かった。だんだんグリップを得るのに苦労するようになり、走れば走るほどグリップは低下していったんだ。17週目で後ろから衝撃を感じ、リアウィングがなくなってしまった。そこでレース終了だよ。マシンには速さがあるから、次のバーレーンに期待したい」。

ティモ・グロック
「スタート直後が厳しいレースだった。後方で走っていると何も見えず、まるで目隠しして運転しているようだった。視界が悪くてブレーキングポイントをミスして、ニック・ハイドフェルトのマシンに後ろからぶつかってしまった。そのときに負ったフロントウィングのダメージを修理のため、数周早くピットに入った。オ-バーテイクポイントの水たまりが見えず、苦労したよ」。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン258ポイント
2位シャルル・ルクレール178ポイント
3位セルジオ・ペレス173ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング431ポイント
2位フェラーリ334ポイント
3位メルセデス304ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER