F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナルリリース・スクーデリア・フェラーリ・マルボロ

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナルリリース・スクーデリア・フェラーリ・マルボロ

090605_ferrari.gif

◆トルコGP初日は、接近戦だった。午前中のフリー走行1では16台が、午後のフリー走行2では17台が1秒以内に入っていた。フェラーリF60のキミ・ライコネンとフィリッペ・マッサは、トラブルフリーで合計118周を走った。

◆「今日はいつもの金曜日より難しい1日だった」と、ステファノ・ドメニカリ・チーム代表。「燃費やタイヤの比較をしたが、路面コンディションの変化が激しくてやりにくかった。悪くない仕上がりと思うが、クルマのハンドリングを向上させるために頑張っている。いい方向に向かっていると思う」。

◆フィリッペ・マッサ
フリー走行1:5位 フリー走行2:11位
「今日の路面は相当に汚れていたんだ。何台もコースオフしていたのを見てもわかるはずだよ。ボクたちは、日曜日のレースに向けてのセットアップに集中した。他チームとの比較を口にするのは難しいね。トップ・グループは肉薄して実力が接近している。彼らと比較するのは、明日の午前中のフリー走行を待ってからだね。硬い方のタイヤは、少しグリップするけど、柔らかい方のタイヤは、タイムの落ちが問題かな。でも、路面状況が変わるとすべてが変わるから。新しいエアロは、少し助けになるかも。用意しているものが全部効果を出してくれれば、パフォーマンスは上がるよ」。

◆キミ・ライコネン
フリー走行1:7位 フリー走行2:15位
「路面状況の変化が凄く早かったから、今日の結果で性能を見極めるのは簡単じゃないね。コース路面が汚れていて、セットアップを変更してハンドリングは少しよくなったけれど、フリー走行2の最後には元に戻ってしまった。でも、明日は、戦える方向が見えているよ」。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン310ポイント
2位シャルル・ルクレール201ポイント
3位セルジオ・ペレス201ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング511ポイント
2位フェラーリ376ポイント
3位メルセデス346ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER