F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   オリジナル リリース – パナソニック・トヨタ・レーシング

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オリジナル リリース – パナソニック・トヨタ・レーシング

090912 toyo.jpg

ティモ・グロック
決勝=11位
「狙っていた結果ではなかったけど、少なくともバトルができたよ。ピットインからトラックに戻ったとき、すでにヤルノとのバトルが始まって、僅差で彼が前に出たんだ。それから終盤で、彼が中嶋一貴を追い抜こうとするのが見えたけど、ヤルノは縁石に当たりバウンドして大きく膨らんだ。僕たちは、正々堂々と素晴らしいバトルをすることができたよ。結局、僕は内側にいて、彼とのバトルに勝てたんだ。このレースの特性を最大限に活かすことは決してラクなことではなかったね。シンガポールGPのトラックはこことは違うから、クルマも少し改良するし、十分チャンスがあるはずだよ」。

ヤルノ・トゥルーリ
決勝=14位
「難しい決勝になると予想していたけど、その通りになったね。決勝のほとんどを中嶋(一貴)の後ろで過ごすことになったし、もっと速く行けると思ったけど、追い抜くのは難しかった。終盤は、正直に言うと刺激が少なかったから、プッシュしてチャンスを狙ったんだ。少しでもスペースを見つけると、すぐにアタックして、ブレーキを遅らせてね。仕掛けたけど、十分なスペースはなかった。ついてないことに、縁石にぶつかって、ティモと少し競うことになった。ティモとのバトルを楽しんだよ。僕は常に外側のラインにいたもけど、少しでもアクションを取るほうが良かったから戦い続けたんだ。結局、11位か14位かはあまり大きな違いではなかったね。いずれにしても、そうでもしないと、僕にはエキサイティングなレースではなかったし、そういう行動に出たんだ」。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン310ポイント
2位シャルル・ルクレール201ポイント
3位セルジオ・ペレス201ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング511ポイント
2位フェラーリ376ポイント
3位メルセデス346ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER