F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > 過去のオリジナルリリース >   セルジオ・ペレス – インタビュー

過去のオリジナルリリース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

セルジオ・ペレス – インタビュー

110218pein001.jpg

2011年2月17日 ヒンウィル

ザウバー・F1・チームのドライバー、セルジオ・ペレス(21歳)は、間もなく初めてのシーズンを迎えようとしている。バレンシアとヘレスでザウバーC30フェラーリを走らせたペレスが、今の心境を語った。

Q.ここまでのテストはどうでした?
セルジオ・ペレス(以下、ペレス)
4日間のテストは、とてもためになったんだ。マシンにもチームにも慣れることができたからね。走るたびにマシンを操るのが楽になったし、作業の手順も身についた。だから次のバルセロナ・テストと開幕戦が楽しみだよ。やっぱり実際のレースで経験を積むのが一番だろうね。

Q.テストで学んだもっとも重要なことは何でしょう?
ペレス:
ひとつだけ挙げることはできないよ。いろいろな分野のことを学んだから。タイヤのコンパウンドやマシンそのもの、エンジニアと仕事を進める過程などだね。多くの面で確実に進歩していると思う。

Q.F1を走らせる上で、難しいと感じたことは?
ペレス:
たぶんタイヤじゃないかな。コンパウンドによっても違うし。走っているあいだ、タイヤとマシンの挙動は絶えず変わるんだ。それに対応するには、経験が必要さ。

Q.ヴァレンシアでは103周走った日もありましたが、体力的にはいかがでしょう?
ペレス:
問題なかったよ。何ヶ月か頑張ってトレーニングしていたから、体力には自信があるんだ。次のテストやバーレーンの開幕に向けても、その点の準備はできてるよ。長い距離もこなせたから、体力については心配なさそうだよ。

Q.やるべきことがたくさんあったと思いますが、楽しめましたか?
ペレス:
もちろん。F1のマシンはすごい。乗っているだけでワクワクしたし、ずっと楽しんでいたんだ。ハードな仕事だけど、楽しめたよ。

Q.バルセロナのレース後、2月26日には地元メキシコのグァダラハラでデモランをする予定ですが、どんな心境ですか?
ペレス:
地元に戻って、家族や友人の前でF1のマシンに乗るんだから、僕にとっては特別な日になる。開幕に向けて、ますますやる気がでるはずさ。

【翻訳:Shigehiro Kondo】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER