F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

ガズー・レーシングの2018体制

WRCのヤリス(上)とWECのTS050 HYBRID。どちらもワールドチャンピオンがターゲットだ。

トヨタのレース活動を統率するGAZOO RACINGが8日、2018年の各カテゴリーの正式体制発表を行なった。

世界選手権は、すでに開幕戦のラリー・モンテカルロを消化したWRCは、オット・タナックを加えた3台体制となっている。

最も注目されるのが、ルマン24時間の優勝を狙ってフェルナンド・アロンソ(スペイン)を加えたスポーツカーのWECは、2台体制で進化させたトヨタTS050 HYBRIDで挑む。

7号車は、マイク・コンウェイ(イギリス)/小林 可夢偉(日本)/ホセ・マリア・ロペス(アルゼンチン)のコンビに預けられ、アロンソは、セバスチャン・ブエミ(スイス)/中嶋 一貴 (日本)とのトリオで8号車を走らせる。

また、国内でも、スーパーフォーミュラのチームインパルが、関口雄飛のチームメイトに、2017スーパーGTチャンピオンの平川亮を迎え入れて注目を集めている。

スーパーGTでは、レクサス チーム サードのドライバーとして、小林可夢偉がヘイッキ・コバライネンとのコンビで初のスーパーGTフル参戦となり、ウェッズスポーツ バンドウに山下健太が抜擢され、国本雄資とステアリングを分け合う。

 

STINGER
photo by GAZOO RACING


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位セバスチャン・フェッテル121ポイント
2位ルイス・ハミルトン120ポイント
3位バルテリ・ボッタス86ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG206ポイント
2位フェラーリ189ポイント
3位レッドブル134ポイント
more

NEXT RACE

フランスGP(ル・カステレト)
サーキット・ポール・リカール

開催日
2018/06/22〜06/24
(日本時間)