F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   インディカー第11戦を盛り上げた佐藤琢磨

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

インディカー第11戦を盛り上げた佐藤琢磨

s-in150627004H.jpg
惜しいレースを失ったが、残り5戦に期待!!

インディカシリーズ第11戦は、カリフォルニアのハイスピードオーバルが舞台。佐藤琢磨は、予選の段階から、セッティングが決まったとコメントしてレースが期待され、そのとおりの好レースを見せた。

序盤から連発した3ワイド4ワイドの激しいトップ争いにからみ、1位でゴールラインを横切った”リードラップ”が27周と、優勝も視野に入っていた。

ピットのミスや、他車に当てられて壊したウィングの交換で後退しても、その度にトップ争いに返り咲いてた。特に、中盤にリヤのタイヤカバーを傷めて交換した時には、ピットの判断ミスから周回遅れに。本日は終了と思われたが、その後のフルコースコーションで同周回に舞い戻り、グイグイと順位を上げて瞬間的にトップを走る絶好調のレースを見せた。

だが、残り10周を切ったところでレースは終わった。

トップ集団の中で6番手にいた琢磨は、コーナー立ち上がりでふらついたが見事に立て直したものの、右側にいたパワーが寄ってくる形で行き場をなくし、左にいたディクソンに当たって跳ね返えされてパワーと接触、2台は絡んでウォールに激突。

そこで日本人オーバル初勝利の夢は消えたが、レース中に最も安定したペースで周回を続けたのは琢磨だった。


インディカーシリーズは、残り5戦すべてがオーバルコース。今回の流れを持続できれば、オーバル勝利は夢ではなくなるかもしれない。

photo by HONDA
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER