F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   ポルシェ圧倒的駿足!!–2016WEC第2戦スパ-フランコルシャン6時間

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ポルシェ圧倒的駿足!!–2016WEC第2戦スパ-フランコルシャン6時間

ポルシェ919 HYBRID.jpg
木曜日にトヨタTS050 HYBRIDの1-2を許していたが、”本番”になった瞬間にポケットから隠し玉を出してあっさり1-2を決めたポルシェ919 HYBRID。

ベルギーのスパ-フランコルシャンで、WEC第2戦。スポーツカーの世界選手権、『スパ-フランコルシャン6時間』が行なわれ、天王山のルマン24時間に向けた最終調整レースとして注目されている。

木曜日のフリー走行では、トヨタTS050 HYBRIDが1-2のタイムを記録して注目を集めたが、5月6日金曜日、予選を前にしたところで、ポルシェ919 HYBRIDが他を圧するタイムを記録。予選でも文句なしの1-2を固めた。

WECの予選は、チームの二人のドライバーがアタックし、その平均タイムでグリッドを決めるが、トップのポルシェ919 HYBRIDは、二人とも1分55秒台、2番手が1分56秒台、そして3番手の⑥トヨタTS050 HYBRIDも、小林可夢偉組が二人とも1分57秒台。アウディR18 e-toron quattroは、1分57秒台と1分58秒台に分かれたが、平均タイムで、共に1分57秒台だった中嶋一貴組の⑤トヨタTS050 HYBRIDを上回る平均タイムで5番手グリッドに潜り込んだ。

トップ2台のポルシェ919 HYBRIDの差は0.7秒だったが、3番手、小林可夢偉を含むトヨタTS050 HYBRIDは、トップから1.9秒以上の差がつき、ポルシェ919 HYBRIDのスピードをここでも証明した。

3位のトヨタTS050 HYBRIDは、アウディR18 e-toron quattroとの先陣争いに勝ち抜いたが、ポルシェ919 HYBRIDには大きな水を開けられている。

◆2016WEC第2戦予選トップ10
 1. ①ポルシェ919 HYBRID T.ベルンハルド/M.ウェバー/B.ハートレー
 2. ②ポルシェ919 HYBRID R.ドュマ/N.ジャニ/M.リーブ
 3. ⑥トヨタTS050 HYBRID S.サラザン/M.コンウェイ/小林可夢偉
 4. ⑧アウディR18 e-toron quattro L.ディ・グラッシ/L.デュバル/O.ジャビス
 5. ⑤トヨタTS050 HYBRID A.デビッドソン/S.ブエミ/中嶋一貴
 6. ⑦アウディR18 e-toron quattro M.ファスラー/A.ロッテラー/B.トルルイエ
 7. ⑬Rebellion R-One AER M.トゥシャー/D.クライハマー/A.インペラトーリ
 8. ⑫Rebellion R-One AER N.プロスト/N.ピケJr/N.ハイドフェルド
 9. ④CLM P1/01 – AER S.トゥルマー/O.ウェブ/J.ロシター
※以上、LMP1/以下、LMP2
10. 26Oreca 05 – Nissan R.ルシノフ/B.バートン/L.ラスト
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER