F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   ARTA完全勝利!!–2017スーパーGT第5戦富士スピードウェイ300km決勝

NEWS

ARTA完全勝利!!–2017スーパーGT第5戦富士スピードウェイ300km決勝

前日と同じくARTAがダブルで1着!!

スーパーGT第5戦は、8月6日に富士スピードウェイで決勝を行ない、本田宗一郎の命日だった前日土曜日にポールポジションを奪ったホンダNSXが逃げきり優勝。ARTAは、GT300とのダブルポールポジションからのダブル優勝を達成し、鈴木亜久里監督は、信じられない快挙に、言葉をつまらせた。

GT500は、前戦の菅生でポールポジションを取りながら悔しいレースを逸した野尻智紀/小林崇志が終始リードして進んだが、ゴールまで数周を残した頃から、予選2位のMOTULEGT-Rと予選6番手からポジションを上げてきたZENT LC500の先陣争いがジリジリと追いつき、予断が許されないエンディングを迎えた。

2位を10秒ぶっちぎって小林崇志にステアリングを託していた野尻智紀は、最後の数周は、レースの模様を伝えるモニターを観られないほど緊張した終盤だった。

2位争いは、松田次生のMOTULE AUTEC GT-Rと、石浦宏明のZENT LC500のがっぷり四つとなり、レースの半分以上に渡って接近戦を展開、石浦宏明が執拗にポジション奪回をトライしたが、松田次生は最後まで譲らず2位を護りきった。

大きな順位変動はなかったが、見応えあるレースを繰り広げ、表彰台を、ホンダ、ニッサン、レクサスの3メーカーが分け合ったレースは中身の濃い見応えある内容だった。

次の第6戦は8月27日の鈴鹿サーキット。シリーズポイント争いも僅差の戦いとなって注目されるが、最後の鈴鹿1000kmレースは、ジェンソン・バトンや小林可夢偉の参戦も話題を呼んでいる。

◆2017スーパーGT第5戦富士300kmレーストップ10
<GT500>
1. ARTA NSX-GT/BS 野尻智紀/小林崇志
2. MOTUL AUTECH GT-R/MI 松田次生/R.クインタレッリ
3. ZENT CERUMO LC500/BS 立川祐路/石浦宏明
4. au TOM’S LC500/BS 中嶋一貴J.ロシター
5. カルソニック IMPUL GT-R/BS 安田裕信/Y.マーデンボロー
6. KeePer TOM’S LC500/BS 平川亮/N.キャシディ
7. WedsSport ADVAN LC500/YH 関口雄飛/国本雄資
8. RAYBRIG NSX-GT/BS 山本尚貴/伊沢拓也
9. WAKO’S 4CR LC500/BS 大嶋和也/A.カルダレッリ
10. DENSO KOBELCO SARD LC500/BS H.コバライネン/平手晃平

<GT300>
1. ARTA BMW M6 GT3/BS 高木 真一/S.ウォーキンショー
2. グッドスマイル 初音ミク AMG/YH 谷口 信輝/片岡龍也
3. TOYOTA PRIUS apr GT/BS 嵯峨宏紀/久保凜太郎
4. SUBARU BRZ R&D SPORT/DL 井口卓人/山内英輝
5. GULF NAC PORSCHE 911/YH J.レスター/峰尾恭輔
6. Studie BMW M6/YH J.ミューラー/荒聖治
7. マネパ ランボルギーニ GT3/YH 織戸学/平峰一貴
8. D’station Porsche/YH 藤井誠暢/元嶋佑弥
9. JMS P.MU LMcorsa RC F GT3 中山雄一/坪井翔
10. Hitotsuyama Audi R8 LMS/DL R.ライアン/柳田真孝

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位セバスチャン・フェッテル171ポイント
2位ルイス・ハミルトン163ポイント
3位キミ・ライコネン116ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位フェラーリ287ポイント
2位メルセデスAMG267ポイント
3位レッドブル199ポイント
more

NOW RACE

ドイツGP(ホッケンハイム)
ホッケンハイムリンク

開催日
2018/07/20〜07/22
(日本時間)