F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   トヨタのルマン優勝に『待った!!』

NEWS

トヨタのルマン優勝に『待った!!』

強力なドライバー陣容。ブルーノ・セナに加えて、ロッテラーとジャニ。トヨタはどうしてロッテラーにこえをかけなかったのだろうか?

Rebellion Racingが、2018ルマン24時間にLMP-1にステップアップしてチャレンジすることを発表した。

レベリオン・レーシングは、これまでLMP2クラスでWEC(世界スポーツカー耐久選手権)闘ってきたが、ドライバーラインナップに、Audiで3度の優勝を記録しているアンドレ・ロッテラーと2016年にポルシェでルマンを制したニール・ジャニの名前があることから、並々ならぬ本気度を伺わせている。

一方で、アウディとポルシェが去った後、敵なしの大本命とされていたトヨタ陣営にとって、これは捨ておけない状況になるかもしれない。

レベリオンといえばブルーノ・セナもLMP-2ウィナー。

もともと性能調整で、ややもするとLMP-2に食われる可能性さえささやかれていたところだったから、レベリオンがLMP-1にステップアップし、ウィナーをそろえて万全を期しているとなると、ドライバー・ラインナップに、世界で最も厳しいレースと言われるルマン24時間の優勝経験者がいないトヨタは、安閑とはしていられそうもない。

 

[STINGER]山口正己
photo by Rebellion Racing

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン408ポイント
2位セバスチャン・フェッテル320ポイント
3位キミ・ライコネン251ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG655ポイント
2位フェラーリ571ポイント
3位レッドブル419ポイント
more
情報なし