F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

WRC開幕戦スタート!!

WRC開幕戦のラリー・モンテカルロが1月25日木曜日にスタートした。

デイ1は、モンテカルロをスタートし、約190km移動したフランス南部で行なわれ、ドライのターマック、雪道、そして凍結路が入り混じる難易度の高いステージでは、多くのトップ選手がスピンやコースオフをするなど波乱含みの展開となったが、フォードのセバスチャン・オジェーが、途中スピンを喫したにもかかわらずにトップタイムを記録した。

TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamの3台は、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組が総合4位、オット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組5位、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組が総合6位で初日をクリアーした。

トヨタ・ガズー・レーシングのトミ・マキネン・チーム代表は、「予想どおり、SS1はドラマティックなものだった。暗闇の中最初のステージに臨むというシーズンの始まりかたは、WRCの中でも本当に難しい。自分がステアリングを握る立場でなくて良かったと思えるほどだ。我々のドライバーは良いポジションでサービスに戻ってくることができた。明日はもっと違う内容のラリーになると思う」とコメントした。

エース格のヤリ-マティ・ラトバラは、「SS1のスタートではややナーバスなフィーリングがあり、凍った路面でどうなるのか不安だった。最初はうまくいっていたが、その後2回スピンしエンジンをストールさせてしまい、フラストレーションの溜まるドライビングを強いられたが、何とか乗り切った。ドラマに遭遇したのは私だけではなかったと聞き、少し救われた。2本目のSSでは数カ所で少し注意深く走りすぎたが、タイムは問題がなかったので明日も頑張りたい」

トヨタ・ワークスとして初舞台を迎えたオット・タナックは、「コースの路面状態はとても難しく、実にモンテカルロらしいスタートとなった。途中の凍結路面では左前輪を雪壁に引っ掛けてストップし後退をしなくてはならなかった。タイヤ選択は少し攻めすぎていたかもしれない。SS2に向けてサスペンションのセッティングを少し変更し、グリップが良くなり走りを楽しめるようになった。明日は雨が降りそうなので、情報を分析し、正しいセッティングに仕上げる必要がある」

ガズー勢最上位のエサペッカ・ラッピは、「正直、今日のリザルトに驚いている。最初のステージはとても難しいコンディションでしたが、うまく走ることができた。2本目のSSは、多くの砂利が出ており、自信を少しなくしていたので、やや慎重に走り過ぎた。とはいえ、良い滑り出しだったので、明日も同じように戦いたい」

◆デイ1結果
1. S.オジエ/J.イングラシア(フォード・フィエスタ WRC) 38m09.8s
2. A.ミケルセン/A.ジーガー (ヒュンダイ i20 クーペ WRC) +17.3s
3. D.ソルド/M.マルティ (ヒュンダイ i20 クーペ WRC) +25.6s
4. E.ラッピ/Y.フェルム (トヨタ ヤリス WRC) +37.4s
5. O.タナック/M.ヤルヴェオヤ (トヨタ ヤリス WRC) +42.4s
6. J.M-ラトバラ/M.アンティラ (トヨタ ヤリス WRC) +55.4s
7. C.ブリーン/S.マーティン (シトロエン C3 WRC) +1m02.3s
8. B.ブフィエ/C.パンセリ (フォード フィエスタ WRC) +1m51.0s
9 C.ミーク/P.ネーグル (シトロエン C3 WRC) +2m12.7s
10 E.カミリ/B.ベイラス (フォード フィエスタ R5) +2m42.2s

2日目の1月26日金曜日のデイ2は、フランス、ギャップのサービスパーク南側エリアで3本のステージを各2回走行。うちSS4とその再走ステージのSS7は、今大会最長の30.54kmのロングステージ。

6本のSSの合計距離は144.88km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は446.60kmになる。

[STINGER]
photo by GAZOO RACING


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1セバスチャン・フェッテル54
2ルイス・ハミルトン45
3バルテリ・ボッタス40
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1メルセデスAMG85
2フェラーリ84
3レッドブル55
more

NEXT RACE

アゼルバイジャンGP(バクー)
アゼルバイジャン/バクー・シティ・サーキット

開催日
2018/04/27〜04/29
(日本時間)

PARTNER [協賛・協力企業]

  • 株式会社トムス

F1スティンガーはF1の最新ニュースやその他モータースポーツを独自の視点でにより
F1ライブ中継、F1レース結果、F1フォトギャラリー画像の他さまざまなモータースポーツに関する情報をいち早く配信します。