F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   大雪のいたずら。ヒュンダイ1-2-3!!へ–WEC第2戦ラリー・スウェーデン2日目

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

大雪のいたずら。ヒュンダイ1-2-3!!へ–WEC第2戦ラリー・スウェーデン2日目

ヒュンダイが1-2-3に躍り出た。

WRC第2戦ラリー・スウェーデンは、2月16日(金)の2日目に大雪に見舞われ、スタート順が大きく戦況に影響した。

初日1-2だったO.タナックとJ.M.ラトバラのヤリスWRCは、順位を落とし、代わってティエリー・ヌービルを先頭に、ヒュンダイの3台がトップに躍進した。

森林地帯で7本計140.10kmのSS(スペシャルステージ)で展開した競技2日目は、午前中SSが全体的に新雪に覆われ、出走順が早いランキング上位ドライバーは“雪かき役”となり、大幅なタイムロスをくらった。

デイ2最初のSS2で2番手スタートだった初日トップのタナックは、それでもベストタイムを記録してトップを守ったが、以降は新雪の影響を大きく受け、3番手スタートのラトバラと共に遅れた。

オット・タナックは、「とても苦労しました。コース上には大量の雪があり、タイヤのグリップがまったく感じられない状態だった。明日も今日と同じような早い走行順なので苦労すると思うがベストを尽くす」と眉間にしわを寄せた。

◆ラリー・スウェーデン デイ2の結果
1. T.ヌービル/N.ジルソー ヒュンダイ i20 クーペ WRC) 1h16m13.1s
2. A.ミケルセン/A.ジーガー ヒュンダイ i20 クーペ WRC +4.9s
3. H.パッドン/A.マーシャル ヒュンダイ i20 クーペ WRC +12.1s
4. C.ブリーン/A.マーティン シトロエン C3 WRC +12.6s
5. M.オストベルグ/T.エリクソン シトロエン C3 WRC +13.2s
6. T.スニネン/M.マルックラ フォード フィエスタ WRC +29.6s
7. E.ラッピ/J.フェルム トヨタ ヤリス WRC +38.5s
8. J.M.ラトバラ/M.アンティラ トヨタ ヤリス WRC +1m06.2s
9. O.タナック/M.ヤルヴェオヤ トヨタ ヤリスWRC +1m29.0s
10.C.ミーク/P.ネーグル シトロエン C3 WRC+1m43.6s

2月17日(土)のデイ2は、ヴァルゴセンは「コリンズクレスト」と呼ばれるビッグジャンプがある大人気のSSを含む総走行距離545.25kmの8本のSSで闘われる。

 

STINGER
photo by GAZOO RACING

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER