F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   GT-R逆転勝ちと坪井翔の殊勲!!–2018スーパーGT第2戦結果

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

GT-R逆転勝ちと坪井翔の殊勲!!–2018スーパーGT第2戦結果

総監督の公約通りの逆転優勝!!

スーパーGT第2戦が、快晴の静岡県富士スピードウェイで5万5千人の観客を集めて4日に行なわれた。

スタートからスプリントのような激しい先陣争いが繰り広げられる中で、ポールポジションからスタートしたロニー・クインタレッリ/松田次生のMOTUL AUTECH GT-Rが、見事な逆転勝利を飾った。

◆松田次生20勝、高木真一19勝!!
クインタレッリ-松田-クインタレッリとつないだ赤いGT-Rは、まず、スタートを担当したクインタレッリが1コーナーで予選2位のWAKO’S 4CR LC500を、ダンロップコーナーでポールポジションのZENT CERUMO LC500をぶち抜き、一端は5位から追い上げたDENSO KOBELCO SARD LC500に先を譲った後にピット作業でトップに返り咲いて、松田次生はスーパーGT最多20勝をつかみ取った。

GT300は、鈴木亜久里監督が「理由はわからないけれどいつも富士スピードウェイだけうまくいく。いろいろマッチしているのかな」というBMW-M6の高木真一/ショーン・ウォーキンショーがポールポジションから圧勝。高木真一はGT300最多勝利の19勝の記録を打ち立てた。

◆殊勲は坪井翔
激しいレースの中で今回最大のトピックスは、GT5002位に食い込んだ坪井翔。GT500初ドライブで、追い上げてきた松田次生のMOTUL AUTECH GT-Rを寄せつけない安定した走りは圧巻。スパ-フランコルシャンのWECに参戦するために欠場した小林可夢偉の代役を見事に果たした。2018スーパーGT第2戦は、FIA-F4出身の新星坪井翔が、素晴しいドライビングを見せたレースとして記憶されることになった。

坪井翔が見事なドライビングを見せた。

次の第3戦は、鈴鹿サーキットで5月20日に決勝レースを迎える。

◆GT500予選トップ10
1. MOTUL AUTECH GT-R 松田 次生/ロニー・クインタレッリ
2. DENSO KOBELCO SARD LC500 ヘイキ・コバライネン/坪井翔
3. ZENT CERUMO LC500 立川祐路/石浦宏明
4. au TOM’S LC500 ジェームス・ロシター/関口雄飛
5. WAKO’S 4CR LC500 大嶋和也/F.ローゼンクヴィスト
6. カルソニック IMPUL GT-R 佐々木大樹/Y.マーデンボロー
7. KeePer TOM’S LC500 平川亮/ニック・キャシディ
8. ARTA NSX-GT 野尻智紀/伊沢拓也
9. RAYBRIG NSX-GT 山本尚貴/ジェンソン・バトン
10. CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 本山哲/千代勝正

◆GT300予選トップ10
1. ARTA BMW M6 GT3 高木真一/S.ウォーキンショー
2. TOYOTA PRIUS apr GT 嵯峨宏紀/平手晃平
3. GAINER TANAX GT-R 平中克幸/安田裕信
4. LEON CVSTOS AMG 黒澤治樹/蒲生尚弥
5. グッドスマイル 初音ミク AMG 谷口信輝/片岡龍也
6. D’station Porsche 藤井誠暢/スヴェン・ミューラー
7. SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 吉本大樹/宮田莉朋
8. Modulo KENWOOD NSX GT3 道上龍/大津弘樹
9. マネパ ランボルギーニ GT3 平峰一貴/M.マッペリ
10. Hitotsuyama Audi R8 LMS R.ライアン/富田竜一郎/篠原拓朗

STINGER
photo by SUPER GT

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER