F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   珍しいノーコーションレースでニューガーデン完全勝利–インディカー第10戦ロードアメリカGP決勝

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

珍しいノーコーションレースでニューガーデン完全勝利–インディカー第10戦ロードアメリカGP決勝

2018年インディカー第10戦決勝が、ウィスコンシン州のロードアメリカで行なわれ、ジョセフ・ニューガーデン(シボレー)がスタートからトップを堅持、力強いレースでシーズン2回目のポールtoウィン、キャリア10勝目を飾った。

高速でリスキーなロードアメリカのコースだが、むしろそのリスクをドライバーマネージメントしてか、インディカーとしては珍しいノーコーションのレースとなった。

佐藤琢磨は、予選7番手から序盤にポジションアップ。以後も安定したペースを保って4位に食い込んだ。

途中、アレクサンダー・ロッシに追いついてサイドbyサイドの見せ場を作ったが、ロッシの強引な“押し出し”に遭い、危うい場面があったが切り抜けた。

外から見る限り、アレクサンダー・ロッシがスペースを開けなかったことに問題がありそうに見えたが、ロッシは、「仕掛ける方が責任を持つべき」と反省の色はなかった。

◆佐藤琢磨
「今日はダウンフォースを削っていた。今日は結果を出せてよかった」

「ロッシにはぶつけないようにスペースを開けていたけれど、ロッシはそうしなかった。当たらなくて良いところで当たったので、ちょっと熱くなりました。ペナルティを受けると思ったがなかったですね」

「表彰台に届かなかったけれど、後半に向けていいレースをしていきたいと思います」

次のレースは、7月8日のアイオワ300。オーバルの闘いが待っている。

◆インディカー第10戦ロードアメリカGPトップ10
1. ジョセフ・ニューガーデン C
2. ライアン・ハンターレイ H
3. スコット・ディクソン H
4. 佐藤琢磨 H
5. ロバート・ウィッケンズ H
6. グラハム・レイホール H
7. シモン・パジェノー C
8. スペンサー・ピゴット C
9. エド・ジョーンズ H
10. ジェイムス・ヒンチクリフ H
※C=シボレー / H=ホンダ

【STINGER】
photo by INDYCAR

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER