F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   SF19、走る!!–スーパーフォーミュラの2019モデル初テスト

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

SF19、走る!!–スーパーフォーミュラの2019モデル初テスト

雨の富士スピードウェイを走るSF19。SF14の“クイック&ライト”を継承しつつ、よりオーバーテイクしやすいことと、コストを抑制のために、SF14のパーツを流用することがJRPからイタリアのダラーラ社に届けられて制作が進められた。

 

 

 

 

7月4日水曜日、静岡県の富士スピードウェイで、来期用のスーパーフォーミュラ・マシン『SF19』のシェイクダウンテストが行われた。

あいにくの雨となり、タイムは1分39秒672に留まったが、ホンダ・パワーを搭載するホンダの開発車両のステアリングを握ったDOCOMO TEAM DANDELION RACINGのエース野尻智紀は、「シェイクダウン担当のチャンスをいただいて感謝しています。コース上に川もできていたので、マージンを持ってドライブしました」とコメント。

野尻はイタリア・ヴァラーノでの動作確認テストも担当しているが、「イタリアのヴァラーノでドライで走った時は、ピークのダウンフォースがあると感じ、速くなりそうな感じでした。SF14の延長線上で、ダウンフォースが抜けないように作ったと思いますが、ダウンフォースの前後バランスを取るのが難しいそうなので、エンジニアやチームにとっても、挑戦しがいがあるクルマと思います。決まったらものすごく速いと思います。ひょっとしたら富士の100Rは全開で行けるかも(笑)」とSF19に期待を寄せた。

テストは、明日5日も続けられる。

▲SF14よりも8㎏、現行F1より80㎏軽く仕上げられている。ダウンフォースレベルは、現行F1に限りなく近いという。フロントタイヤは20mm幅広いヨコハマを履く。

▲流麗な再度ビュー。新設計フロアでダウンフォースが増大させたことで、前車接近時に空力バランス変化が少なくオーバーテイクしやすくなっているという。

【STINGER】
photo by JRP

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER