F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   ニューガーデン最速、琢磨7番グリッド!!–インディカー第12戦トロント予選

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ニューガーデン最速、琢磨7番グリッド!!–インディカー第12戦トロント予選

ポイントリーダーのニューガーデンが最速タイム。

2018年7月14日にカナダのトロントでインディカー第12戦Honda Indy Torontoが行なわれ、シボレー・パワーのジョセフ・ニューガーデンがポールポジション、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングのNo.30 MIジャック・パナソニック・ダラーラ・ホンダの佐藤琢磨は7番グリッドを獲得した。

直前のフリー走行でトップタイムを叩き出した琢磨だったが、雨絡みのコンディションに翻弄され本領を発揮できなかったが、レースペースには自信のコメントを寄せてレースが期待されている。

レースは、午前中のプラクティスを消化した後、14時30分(日本時間7月16日午前4時30分)にスタートする。

直前のフリー走行ではベストタイムを記録した佐藤琢磨。レースに期待がかかる。

佐藤琢磨のコメント
「今週末を通じて僕たちは非常にコンペティティブです。ただし、予選は少しトリッキーな展開でした」

「セッションが始まったときはレイン・コンディションで、その後ダンプとなり、続いて路面は乾いていきました。僕たちは他のチームとは異なる戦略を選択し、最初は新品のレッドタイアを装着、セッションの途中で耐久性が高いと期待される新品のブラックタイアに履き替えました。1セット目の新品タイアを履いたときには、軽いデグラデーションが起きました。この時点ではまだ霧雨が降っていたようなので、自分たちが考えるほどコンディションは改善されていなかったのかもしれません」

「柔らかめのレッドタイアは、当初のグリップはよかったものの、予選ではわずか1/10秒が足りずに6番手になれず、ファイアストン・ファスト6に進出できませんでした。これは残念でしたが、少なくとも僕たちはチャレンジをしました。僕たちにわかっているのはレースカーが強力なことで、明日はいいペースを発揮できると期待しています」

◆インディカー第12戦トロント予選トップ10
1. ジョセフ・ニューガーデン C
2. スコット・ディクソン H
3. シモン・パジェノー C
4. ウィル・パワー C
5. アレクサンダー・ロッシ H
6. ライアン・ハンターレイ H
7. 佐藤琢磨 H
8. ジョーダン・キング C
9. ジェイムス・ヒンチクリフ H
10. ロバート・ウィッケンズ H
※C=シボレー / H=ホンダ

【STINGER】
photo by CHEVOROLET
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER