F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   ディクソン、逆転勝ち!!–2018インディカー第12戦ホンダ・インディ・トロント決勝

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ディクソン、逆転勝ち!!–2018インディカー第12戦ホンダ・インディ・トロント決勝

 

今期3勝目でポイントをするディクソン。

インディカー2018第12戦がトロントの公道コースで行なわれ、スコット・ディクソンが、今期3勝目、トロントも3勝目を飾った。インディカーのキャリア43勝目。

レースは、ポールポジションのジョセフ・ニューガーデンのリードで進んでいたが、終盤に、タイヤカスに乗ってウォールに戦職するニューガーデンとしては珍しいミスで後退。2位で勝機を伺っていたスコット・ディクソンが、逆転して完璧な勝利を飾った。

佐藤琢磨は、前日の予選前のフリー走行で最速タイム、予選は7番手だったが、レースセッティングが決まっていたことでレースに期待がかかっていた。その期待通り、好調、かつ安定したレースを進めていた。中でも、マルコ・アンドレッティとのギリギリのバトルは、フェアで手に汗握る素晴しい見どころを提供したが、85周レースが残り20周を切ったところで、ニューガーデンと同じくマーブルに乗って最終コーナーのアウトのコンクリートバリアに接触、サスペンションを傷めて5位からエスケープゾーンにマシンを停め、表彰台を狙えたレースで惜しくもリタイアを喫した。

マルコ・アンドレッティは、5番手を護っていたが、最終ラップに燃料が足らずにピットインして10番手に落ちた。

一時は16番手に落ちたジョセフ・ニューガーデンは、追い上げて9番手でゴールした。

次のインディカー・シリーズ第13戦は、ホンダ・インディ200 at Mid-Ohio。7月29日に決勝レースが行なわれる。

◆インディカー第12戦ホンダ・インディ・トロント
1. スコット・ディクソン H
2. シモン・パジェノー C
3. ロバート・ウィッケンズ H
4. ジェイムス・ヒンチクリフ H
5. チャーリー・キンボール C
6. トニー・カナーン C
7. ザック・ヴィーチ H
8. アレクサンダー・ロッシ H
9. ジョセフ・ニューガーデン C
10. マルコ・アンドレッティ H
※H=ホンダ / C=シボレー

[STINGER]
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER