F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   タナック+ヤリス首位堅持–WRC第9戦ラリー・ドイチェランドDAY2

NEWS

タナック+ヤリス首位堅持–WRC第9戦ラリー・ドイチェランドDAY2

快調にトップを行くタナック。

初日トップでスタートしたタナックが絶好調だ。

8月17日(金)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第9戦ラリー・ドイチェランドの競技2日目デイ2がドイツ西南部のボスタルジーを中心に行なわれ、6SSのうち5SSでベストタイムを記録したヤリスWRCのオット・タナックが、首位を堅持した。2位にセバスチャン・オジェー、3位にティエリー・ヌービルが食い込んできている。

また、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamの、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(7号車)は、デイ115位から5位に、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(9号車)は、12位から7位にポジションを上げて2日目を終了した。

オット・タナック
「ほぼ完璧な1日でした。最初のステージから良いリズムが感じられたので、1日を通して思いっきり攻めることができました。 午後のステージは、ランチタイムに雨が降ったためコーナーごとにタイヤのグリップレベルが異なり、とても難しく感じましたが、ミスのないクリーンな走りができました。明日は、挑戦し甲斐があるバウムホールダー演習場内のステージを走るなど大変な1日となるでしょうが、自分のアプローチは今日と変わりません。まだまだ先は長いので、集中力を最後まで保ち続ける必要があります」

DAY3の8月18日(土)は、ボスタルジーのサービスパークを中心に4本のSSを各2回走行。うちSS8/12「アリーナ・パンツァープラッテ」、SS9/13「パンツァープラッテ」は、バウムホールダー軍事演習場内を走行するラリー・ドイチェランドの名物ステージ。軍事演習場内の道は舗装路ながら路面の状態が目まぐるしく変わり、アスファルトではなくコンクリートで舗装された特殊な路面も多い。 全般的にタイヤに厳しい路面が続く。8本のSSの合計距離は150.12km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は453.94kmと、デイ3は4日間でもっとも長い距離を走行する1日となる。

◆ラリー・ドイチェランド デイ2の結果
1. オット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ トヨタ ヤリスWRC 59m22.6s
2. S.オジエ/J.イングラシア フォード フィエスタ WRC +12.3s
3. T.ヌービル/N.ジルソー ヒュンダイ i20 クーペ WRC +27.4s
4. E.エバンス/D.バリット フォード フィエスタ WRC +37.8s
5. J-M.ラトバラ/M.アンティラ トヨタ ヤリス WRC +38.8s
6. D.ソルド/C.デル・バリオ ヒュンダイ i20 クーペ WRC +42.7s
7. E.ラッピ/J.フェルム トヨタ ヤリス WRC +42.8s
8. C.ブリーン/S.マーティン シトロエン C3 WRC) +58.0s
9. A.ミケルセン/A.ジーガー ヒュンダイ i20 クーペ WRC +59.0s
10. T.スニネン/M.マルックラ フォード フィエスタ WRC +1m21.4s

【STINGER】
photo by GAZOO RACING

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン338ポイント
2位バルテリ・ボッタス274ポイント
3位シャルル・ルクレール221ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG612ポイント
2位フェラーリ433ポイント
3位レッドブル323ポイント
more

NEXT RACE

メキシコGP
オートドローモ・エルマノス・ロドリゲス

開催日
2019/10/26〜10/28
(日本時間)