F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   ヤリス、1、3、5位–WRC第9戦ラリー・ドイチェランドDAY3

NEWS

ヤリス、1、3、5位–WRC第9戦ラリー・ドイチェランドDAY3

8月18日(土)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第9戦ラリー・ドイチェランドの競技3日目 デイ3がドイツ西南部のボスタルジーを中心に行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのタナック組がトップを守り、ラトバラ組が3位、ラッピ組が5位に順位を上げた。

デイ3は、バウムホールダー軍事演習場内の名物ステージ「パンツァープラッテ」を始めとする4本のSSを2回走行し合計150.12km。トップのタナックは、セバスチャン・オジェーに12.3秒のリードを築いていたが、SS13でオジェーがパンクで後退、2位に浮上したダニ・ソルドに43.7秒差を付けてDAY3を終えた。ラトバラは、2本のベストタイムを記録するなど好調を維持、ソルドと0.8秒差の3位。ラッピも1本のベストタイムと3本のセカンドベストタイムで5位に浮上した。

トミ・マキネン(チーム代表)
3台のクルマがトップ5で最終日を迎えることになりました。明日はまだ何本か長いステージが残っていますが、十分なタイム差がある為、余裕を感じます。ヤリ-マティとエサペッカは明日さらに順位を上げるチャンスがあり、彼らが大きな自信を持っているように見えます」

ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC 7号車)
「楽しい1日でした。非常に小さなタイム差で1日を終えました。ダニ・ソルドとのバトルは本当に楽しかったし、明日も楽しみにしています」

オット・タナック (ヤリスWRC 8号車)
「今日も良い1日でした。午前中は簡単ではなく、タイム差も小さかったのでかなり激しくプッシュする必要がありましたが、午後はフィーリングがとても良くなりました。 今は心からクルマを楽しんでいます。2位との差は大きく広がり、明日はいくつかの良いステージが控えていますので、楽しんで走る事が何よりも大切だと思います」

最終日8月19日(日)のデイ4は、モーゼル河畔のブドウ畑が中心。最終ステージのSS18「ボーゼンベルク」は、トップ5タイムを記録した選手にボーナスのポイントが与えられる「パワーステージ」となる。3本のSSの合計距離は72.18km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は240.37km。

◆ラリー・ドイチェランドDAY3の結果
1 オット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ (トヨタ ヤリスWRC) 2h23m27.1s
2. D.ソルド/C.デル・バリオ ヒュンダイ i20 クーペ WRC +43.7s
3. J-M.ラトバラ/M.アンティラ トヨタ ヤリス WRC +44.5s
4. T.ヌービル/N.ジルソー ヒュンダイ i20 クーペ WRC +52.5s
5. E.ラッピ/J.フェルム トヨタ ヤリス WRC +58.8s
6. A.ミケルセン/A.ジーガー ヒュンダイ i20 クーペ WRC +1m50.7s
7. S.オジエ/J.イングラシア フォード フィエスタ WRC +1m51.2s
8. T.スニネン/M.マルックラ フォード フィエスタ WRC +1m57.0s
9. M.オストベルグ/T.エリクソン シトロエン C3 WRC +2m20.4s
10. C.ブリーン/S.マーティン シトロエン C3 WRC) +2m34.4s

【STINGER】
photo by GAZOO RACING

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン338ポイント
2位バルテリ・ボッタス274ポイント
3位シャルル・ルクレール221ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG612ポイント
2位フェラーリ433ポイント
3位レッドブル323ポイント
more

NEXT RACE

メキシコGP
オートドローモ・エルマノス・ロドリゲス

開催日
2019/10/26〜10/28
(日本時間)