F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   コンドーレーシング、初チームタイトル獲得!

NEWS

コンドーレーシング、初チームタイトル獲得!

喜びの近藤監督(中央)。

10月27日(土)、28日(日)に三重県の鈴鹿サーキットで行われた2018年スーパーフォーミュラ最終戦、勝ったドライバーがチャンピオンという緊迫したレースで、4番手スタートのニック・キャシディが終盤猛烈な追い上げを見せたが、コンマ6秒届かず2位。ドライバーズチャンピオン獲得ならなかったが、キャシディが2位、山下健太が3位を得、近藤真彦監督率いるKONDO RACINGが、初のチームタイトルを獲得した。

最終戦で2-3位に食い込み、チームタイトルを決めたニック・キャシディ(左)と山下健太。

ニック・キャシディ
「残念ながら1ポイント差でタイトル獲得はならなかったのですが、全力を尽くしたし、素晴らしいファイトができました。僕自身スーパーフォーミュラでは2年目ですが、全日本F3を戦っていた頃から山本(尚貴)選手のことはよく見ていて、尊敬していた存在だったので、彼とこの素晴らしい戦いが出来たことに満足しています。この週末は、とにかくベストを尽くすことが目標でしたし、チームと共に、予選、決勝を通して全てを出し切りました。このチームと共に戦えたことを誇りに思いますし、チームタイトルを勝ち取れたのは本当に良かったです」

山下健太
「今日の僕の最大の仕事は、スタートで山本選手の前に出ることだったのですが、近づくことすら出来ないほど彼のスタートが良かったです。その後はついて行くことが出来ず、自分としては満足のいくレースとは言えませんが、スーパーフォーミュラで表彰台に上ったのは初めてですし、チームタイトルに貢献できたことは良かったです。喜びと残念なのと半々の複雑な気分です」

【STINGER】
 photo by GAZOO RACING

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン383ポイント
2位セバスチャン・フェッテル302ポイント
3位キミ・ライコネン251ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG620ポイント
2位フェラーリ553ポイント
3位レッドブル392ポイント
more

NEXT RACE

アブダビGP(ヤス・マリーナ)
ヤス・マリーナ・サーキット

開催日
2018/11/23〜11/25
(日本時間)