F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   アロンソ三冠へ最終仕上げ–2019インディ500参戦決定

NEWS

アロンソ三冠へ最終仕上げ–2019インディ500参戦決定

2018ルマン24時間に勝ち、トリプルクラウンまであと一歩に迫ったフェルナンド・アロンソが、2019インディ500に正式にエントリーすることをマクラーレン・レーシングが発表した。

2017年にアンドレッティ・オートスポートとのジョイントでインディ500に参戦したフェルナンド・アロンソは、トップグループを走りながらエンジントラブルでリタイアを喫した。今回は、マクラーレン・レーシングからの新たなチャレンジとなる。

アンドレッティとのジョイントを継続できなかったのは、エンジンの問題と言われる。F1でホンダの悪口をまくし立てた立場では、チャンピオンエンジンのホンダユーザーになるのは無理というものだ。正式な発表はないが、アロンソはシボレー・エンジンで第103回インディ500に観戦する。

アロンソは、自身のツイッターで“We’re Back #mclarenIndy”と伝え、発表を受けて、「トリプルクラウンを達成しようとするボクの望みをある程度明確にした」と、語った。

「2017年にインディアナポリスで素晴らしい経験をしました。機会があれば再びチャレンジしたかった。マクラーレン・レーシングで戻れたことが特にうれしい。大きな挑戦になると思う。最も楽しみにしているのは、ファンにもう一度会えること。本当に素晴らしいです」

「競争力を持つためには援助が必要だけれど、彼らは非常にオープンマインド。マシンが完全に異なっているし、スーパースピードウェイは、F1とは完全に異なるドライブ・フィーリングが必要なので、勉強しなければならない」

とはいえ、2017年の初挑戦で、ルーキーテストの段階から速さと確実性を見せ、予選に至るまでの間に必須事項の枡目を埋めていった。そして、優勝した佐藤琢磨の隣のポジションを決めた予選を前に、「最初は、レース中まで枡目を埋める作業がかかると思っていたけれど、すでに総ての枡目が埋まった」とコメントしていた。

レースはトラブルでゴールできなかったが、200周レースの27周でリードラップを記録し、アメリカに実力を披露した。レースで、まだ埋めるべき枡目があったのだろうか。間違いないのは、二度目は初めてではない、ということだ。

[STINGER]山口正己
photo by [STINGER]

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン408ポイント
2位セバスチャン・フェッテル320ポイント
3位キミ・ライコネン251ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG655ポイント
2位フェラーリ571ポイント
3位レッドブル419ポイント
more
情報なし