F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

マカオGPのアクシデント

             スタート前に、スフィアとスティングくん。

マカオGPの名物リスポア・コーナーで起きた凄まじいアクシデントは、マシンの安全性と偶然が重なって大事に至らずに済んだ。

今回唯一の女性ドライバーだったスフィア・フローシュは、ホイールが壊れてノーブレーキのまま、時速250km/hを越えるスピードから後ろ向きでジャンプして、アンダーカウルで坪井翔のヘルメットをこするように引っかけ、コーナー反対側の金網の上部に、ロケット弾が発射されたように激突、外側のカメラマン小屋に叩きつけられた。

このアクシデントで、カメラマン小屋で撮影していた日本人一人含む3人が吹っ飛ばされ、うち2名が軽傷、近くにいたオフィシャルも軽いけがを負った。

宙を待ったフローシュは、マシン上部からカメラマン小屋にぶち当たったが、ヘルメット部分がちょう窓の部分だったことで難を逃れ、自力で救急車に乗ったと言われ、入院した病院からツイッターで無事を報告した。しかし、背骨の一部を傷めており、月曜日の朝を待って手術を受けた。

ヘルメットに傷がついた坪井翔も病院に搬送され、精密検査の末、無傷だったことを同じく自身のツイッターで報告した。

レースは赤旗中団の後、アクシデント現場の金網やガードレールを修復して再開、予選レースを優勝してポールポジションからスタートしたダニエル・ティクタムが、終始リードして優勝した。

photo by [STINGER]

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン408ポイント
2位セバスチャン・フェッテル320ポイント
3位キミ・ライコネン251ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG655ポイント
2位フェラーリ571ポイント
3位レッドブル419ポイント
more
情報なし