F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   松下信治FIA-F2復帰!! 牧野と福住は国内戦へ

NEWS

松下信治FIA-F2復帰!! 牧野と福住は国内戦へ

GP2に参戦後、国内に戻ってスーパーフォーミュラを闘った松下信治が、来シーズン、再び、GP2を継承したFIA-F2に挑戦する。

チームは、カーリン。今年、ランド・ノリスとセルジオ・セッテカマラがシリーズ2位と6位になったトップチームだ。

また、ホンダは、GP3に角田裕毅を送り込み、F1へのステップてある“フォーミュラ・ドリーム”を充実させる構え。

今シーズンヨーロッパF2にチャレンジしていた牧野任祐(ロシアンタイム)と福住仁嶺(アルデン)は、国内に戻って、スーパーフォーミュラのシートに座ることになりそうだ。

先週のアブダビGP会場に姿を見せた松下信治は、FIA-F2のサイトのインタビューに、以下のように答えた。

2016年にはストフェル・ヴァンドーンのチームメイトとしてGP2に参戦、ハンガリー(写真)とモナコで優勝している。向かって右は、セルゲイ・シロトキン。

「FIAのフォーミュラ2チャンピオンシップに復帰することに非常に興奮しています。カーリンは、チームのタイトルを獲得するために今シーズン素晴らしい仕事をし、ドライバーのランキングで2位(ノリス)を獲得しました。今週は、2019年の強力なキャンペーンを準備するために、今週初めから熱心に取り組んでいきます。継続的な支援と素晴らしい機会を提供してくれたホンダに感謝します」

カーリンのトレバー・カーリン代表は、
「2019年のFIA F2シーズンにノブを迎え入ることに興奮しています。彼はエキサイティングなドライバーであり、チームにとって素晴らしい資産となると信じています。彼はすでにシリーズでレースの勝利を収めているので、来シーズンは本当に強力なショーを披露することができると思います。我々はホンダと再び仕事をし、有望なホンダジュニアドライバーを任せられたことを非常に誇りに思います」

カリーンは、佐藤琢磨がF3時代に所属したことで日本のファンにも広く知られていおり、チーム力と相まって、松下信治の実力が遺憾なく発揮できそうで、開幕が今から待ち遠しい。

[STINGER]山口正己
photo by FIA-F2

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン408ポイント
2位セバスチャン・フェッテル320ポイント
3位キミ・ライコネン251ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG655ポイント
2位フェラーリ571ポイント
3位レッドブル419ポイント
more
情報なし