F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

佐藤琢磨、4勝目のコメント

2019年4月7日、アラバマ州バーミンガム発。バーバー・モータースポーツ・パークで行われたホンダ・インディ・グランプリ・オブ・アラバマの決勝レースで、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングのNo.30 Mi-Jack/パナソニック・ダラーラ・ホンダを駆る佐藤琢磨は、ポールポジションからスタートして快勝。インディカー8勝目を記録した。

琢磨はピットストップ以外でポジションを落とすことなく、90周のレースの74周をリード。最後は2位のスコット・ディクソンに2.3874秒差をつけてチェッカードフラッグを受けた。琢磨は8度目のポールポジションからロードコース初の優勝をポール・トゥ・ウィンで飾った。

これで通算99ポイントを獲得した琢磨はシリーズランキングの13番手から3番手に急浮上した。

佐藤琢磨のコメント
「この優勝を僕にもたらしてくれたボビー(レイホール)、デイヴ(レターマン)、そしてマイク・ラニガンの3人に心からお礼を申し上げます。これまで密接に仕事をしてきたグレアム・レイホールにも感謝しています。今日は、僕もグレアムもとてもコンペティティブでした。トラブルのため順位を落としたグレアムはとても残念でしたが、チームとして素晴らしいことを成し遂げたと思います」

—最初のピットストップがやや遅かったことについて。
「クルーに新しいメンバーもいて、練習している最中なので、ピットストップに手間取るのはありうることです。なにしろ、これはレースなのです。皆さんご存じのとおり、僕がミスすることだってあるので。今日のマシーンはとても好調だったので、その後、リードを取り戻すことができました」

—-レース中のミスについて。
「あそこまでハードにプッシュする必要はなかったのでしょう。とても密度の濃いバトルでした。本当によかったと思います」

次戦のインディカーシリーズ第4戦は、今週末、4月14日に、佐藤琢磨が初優勝を飾ったロングビーチで開催される。

※タイトルが“8勝目”となっていましたが、誤りです。お詫びして訂正いたします。

【STINGER】
©SPORTSBIZ

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン338ポイント
2位バルテリ・ボッタス274ポイント
3位シャルル・ルクレール221ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG612ポイント
2位フェラーリ433ポイント
3位レッドブル323ポイント
more

NEXT RACE

メキシコGP
オートドローモ・エルマノス・ロドリゲス

開催日
2019/10/26〜10/28
(日本時間)